注文住宅とは?千葉で理想の家を建てたい人に最適な家の造り方

マイホームを持つことは、人生の中で大きな出来事の一つです。家は、生涯に渡って、自分たち夫婦だけではなく、子や孫の代まで住み続けられる安息の場所です。そしてその建築には高額な費用がかかります。その為、多くの人は、長い期間の住宅ローンと引き換えに自分たちの家を手に入れます。

もしその家が、理想通りに完成しなかったとしても、簡単に建替えたり、住み替えたりできるものではありません。したがって、家を建てる際には、絶対に満足できる家、自分たち家族にとっての理想の家を完成させなくてはならないのです。

家を建てるということは、一生の間に何度もすることではありません。多くの人にとっては一生に一度のことでしょう。その為、家づくりの準備期間から具体的なプラン作成までの期間におこることは、今までに体験したことの無いことばかりです。そのような状況の中で、家族の理想の家を実現する為に必要なことについて考えてみましょう。

注文住宅のメリットは理想の家を建てられること

家を手に入れる方法には、完全な注文住宅、規格型注文住宅、建売という3つの方法があり、土地がついている場合と、ついていない場合があります。それぞれの方法について確認しておきましょう。

完全な注文住宅 
何もないところから、家族構成や暮らし方に合わせて造り上げていく住宅です。3つの方法の中で、唯一自分たち家族だけの為の理想の家が建てられる方法です。土地探しも同時にしなければならない、家づくりのプラン作成に時間がかかるなどの問題点があり、手軽に建てられる家ではありません。しかしその分、価値の高い家が完成します。

建売住宅
土地付きの完成住宅です。一般的に、建材や住宅設備機器などのグレードは標準仕様です。耐震性、断熱性などの住宅性能は、建築基準法に沿って設定されていますが、高性能ではありません。ただ、土地探しから住宅完成までの時差がないので、住宅ローンの煩雑さがありません。家の質にはそれほどこだわらない、家を建てることに費用も時間も手間もかけたくないという場合には、利便性の高い住宅とも言えます。

分譲住宅 
一定の区画内に複数戸建てられる規格型注文住宅です。大手ハウスメーカーが広い区画に建て、合わせて街並みを調えるケースもあります。契約の際には、すべての住宅が完成していない場合もありますが、モデルハウスが用意されています。建売住宅ほどではありませんが、土地付きなので、住宅ローンの煩雑さが土地を購入する場合より、軽減されます。

規格型注文住宅 
規格の制限内で外壁の色や間取りなどを変更できる住宅です。土地付きの分譲住宅の他に、土地を探して建てる方法があります。土地を探す場合には、注文住宅と同じように住宅ローンが複雑化します。ある程度こだわりはあるものの、何もないところからプランを作っていくより、ある程度の規格があった方が楽だと考える場合には、この方法が向いています。

規格型注文住宅は、ほとんどの場合、ハウスメーカーが企画しています。ハウスメーカーでは、建材や住宅設備機器を系列の会社で調達するので、個性がなくなる分、材料費は割安です。しかし、テレビコマーシャルや豪華なパンフレット、モデルハウスの維持などに莫大な費用をかけているという面もあります。それらの経費は、建築費に含まれます。その結果、工務店が建てる家に比べて、建築費が嵩みます。同じ建築費、同じ坪数であれば、工務店が建てる家の方が、品質の高い住宅が完成します。

家族にあった理想の家とは?

注文住宅の大きなメリットである家族にあった理想の家とはどんな家なのでしょうか?

家族構成、家族の暮らし方に寄り添った家
暮らしやすさに直結する間取りは、家族構成とライフスタイルによって決まります。働き手の人数、子供の人数、生活の時間帯、在宅時の過ごし方、家族のコミュニケーションのあり方などは、それぞれの家族によって異なります。それらの要素を整理すると、各居室に必要な広さや生活動線が見えてきます。その上で作られる間取りには、規格型注文住宅や建売住宅では叶えられない家族にあった暮らしやすさがあります。

また、自分たち家族の将来的なライフスタイルの変化にも配慮して間取りが決められるので、長く快適な生活を維持できます。

家族のイメージを作る外観と内装
家の外観は、家族の顔でもあります。洗練された外観の家は、家族におしゃれで知的なイメージ、重厚感のある外観の家は、家族に落ち着いた品格のあるイメージを与えます。反対に、奇抜な外観の家は変わった人たちが住んでいるのかしら?という印象を与えます。そして、質の良い内装は、家族にも、訪問客にも居心地の良さを提供します。居心地の良い部屋は、家にいる時間を幸せにします。

注文住宅では、外観や内装の決め手となるデザインはもちろん、建材の種類、色などをすべて自由に選べます。分譲住宅地の家並みを見ると、確かに街並みには溶け込んでいますが、個性的ではありません。注文住宅では、屋根や家全体の形状、外壁のテクスチャー、窓の大きさや位置、開閉方法など、家族の好みに合わせて選べるので、世界に一つだけの外観が作られます。

予算が自由に配分できる
家族によって、こだわりたい部分は異なります。そして、こだわる部分が多くなり過ぎれば、建築費はどんどん膨れ上がってしまいます。ただし、注文住宅では、予算の配分が自由にできるので、こだわりたい部分に予算を多く使い、他の部分を削って調整するということができます。

例えば、床や壁の高級建材を使う分、住宅設備機器のグレードを抑える、外壁に上質な建材を使う分、屋根のデザインをシンプルにするというように、こだわりたい部分に合わせて予算の配分にメリハリがつけられるのです。

資産価値を高められる
住宅の資産価値を高める要素には、住宅の性能や間取りの可変性など様々なことがあります。それらの要素を備えた家は、築後数十年経っても、資産価値が低下しません。子供が独立後、夫婦だけになった時に、広すぎる家から夫婦だけのこじんまりした家に住み変えるというようなライフスタイルの変化が起こるかもしれません。そのような時に、資産価値の高い家であれば、有利な条件で住み替えや買い替えが進められます。

注文住宅を建てる際の注意点

家族の生活と好みに合わせて間取りプランを作ることが基本ですが、その他の注意するポイントも確認しておきましょう。

間取りプランは家具選びと並行する
窓の位置や大きさ、開閉タイプの決定も含めて、間取りと家具や家電選びは並行して進めることが理想です。置きたかった家具の幅が数センチ足らず設置できない、窓が多過ぎた為に家具が置けない、家具を置いたら隙間ができてしまったというようなことがおこるのを避ける為です。

設計に見合った住宅性能との組み合わせ
注文住宅では、住宅の性能という見えない部分を充実させることも大切です。例えば、リビング階段や吹き抜けを取り入れた設計の場合、その設計に見合った断熱性が必要です。リビング階段にしたら寒いというようなケースは、空間が広がっても、冷暖房が効率良く働くだけの断熱性と気密性がなかったという残念な例です。断熱性と気密性は、暮らし始めてからの室内環境、光熱費の節約に大きく影響するので、設計の手法に見合うだけの性能の高さが必要です。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。