注文住宅は高い それは資産価値の高い家だから 千葉での成功させる家づくり

家族の快適な生活を守る要素の一つは家です。結婚や出産、子供の就学など、様々な人生の節目に、多くの人は家族のための家を建てようと考えます。家を建てるということは、ごく限られた人以外には、一生をかけて住宅ローンを支払い続ける覚悟のいることです。

生涯暮らす場所だから、高額な買い物になるだけの価値はあるという考えもあれば、できるだけ低額で新居を手に入れたいという考えもあるでしょう。確かに、住宅には、同じ大きさであっても、高い家から手頃な価格の家まで、その価格には大きな幅があります。その価格の幅はどこから出てくるのでしょうか?

注文住宅と建売住宅の違い

戸建て住宅を建てる方法には、主に3つの方法があります。建売住宅と規格型注文住宅と完全な注文住宅です。それぞれの違いを確認しておきましょう。

建売住宅

すでに完成している住宅を購入する方法です。土地付きなので、3つの方法の中で最も手間のかからない方法です。完成しているので、住宅の外観と内装、間取りを実際に見て確認できます。また、周辺の環境とのつながり方も具体的に感じられます。例えば道路と住宅との距離感、隣家と面している窓の位置など、図面ではわかりにくい部分も、すでに住宅が完成しているので、見て取ることができるからです。

注文住宅のように、土地探しをしたり、外観や間取りを決める為の打ち合わせもしたりしなくて済みます。また、すでに完成しているので、いつでも入居できます。したがって、家にそれほどこだわりがなく、すぐに入居したい家族にとって、利便性の高い住宅です。

建売住宅の中には、注文住宅と同じ程度の価格の建売住宅から、かなり抑えられた価格の建売住宅まで幅があります。注文住宅と同じ程度の価格の建売住宅では、建材や住宅設備機器のグレードも標準以上です。ただ、外観や内装などは、万人に受け入れやすいように作られていて、家族構成やライフスタイルに合わせて考えられた家ではありません。抑えられた価格の建売住宅では、建材や住宅設備機器のグレードが低い、旗竿地などの暮らしにくい立地条件である、住宅の性能が低いといった住宅も少なくありません。

規格型注文住宅

大手のハウスメーカーが提供する注文住宅で、分譲地付きというケースも多く見受けられます。分譲地付き規格型注文住宅では、建売住宅と同じように、土地探しの必要はありません。ハウスメーカーが大規模な土地を買い上げ、規格型注文住宅を建てるからです。整備された道路には街路樹が並び、美しい家並みが完成します。規模が大きければ、敷地内に公園が配置される場合もあります。

規格型注文住宅では、関連会社でまとめて建材や住宅設備機器を購入するので、注文住宅とは言っても、その規格内での注文住宅です。その分コストは削減されていますが、同時にモデルハウスやテレビコマーシャルに費用がかかっています。その為、同じ大きさの家であれば、価格的には、完全な注文住宅と同じ程度の予算が必要です。

規格型注文住宅で、分譲地付きではないケースでは、自分で土地を探す、又はハウスメーカーに探してもらいます。その場合、周辺の環境と新しく建てる家との兼ね合いには注意が必要です。ハウスメーカーの家を選ぶ場合、ほとんどの人が広々とした敷地に建つモデルハウスで外観や間取りを確認します。自分たちが選んだ土地がモデルハウスと同じような環境にあれば問題ありません。しかし、一般的な住宅地に建てる場合には、隣家との距離や道路との位置関係で、住宅の快適さは変わってくるからです。

注文住宅

注文住宅は、何もないところから、家族構成、ライフスタイル、好みに合わせて建築プランを練り、造り上げる住宅です。家族の暮らしには、その家に暮らす長い年月の間に、子育て、子供の独立、子供夫婦との同居、定年退職など、様々な変化が訪れます。そのような変化も視野に入れ、建ててから数年間の暮らしやすさだけではなく、将来的なライフスタイルの変化にも対応できる造りの家が建てられます。

ただ、注文住宅は、家づくりの計画を始めてから入居までには、準備期間も含めて、1年以上かかります。より良い家を完成させたければ、施工を依頼した工務店との打ち合わせも、頻繁にしなくてはなりません。夢を実現させる為の時間を作ることが、満足できる家、納得できる住宅の完成に繋がります。

家族の顔でもある家の外観

調った街並みに並ぶ規格型注文住宅は、外壁の色やドアのデザインなど、細かな部分を見れば、それぞれ違った外観をしています。しかし、印象はどの家も似ていて、個性的な外観ではありません。注文住宅では、デザインも建材も自由に選べるので、自分たちのこだわりを活かした外観の家が完成します。

住宅の外観デザインは、外部の人にとって、家族の顔ともいえる部分です。洗練された外観の家からは、おしゃれな家族という印象が感じられます。グレードの高い建材を使った家は、質の高い生活を演出します。

その家に住む家族にとっても、帰宅するたびに、この世界に一つだけに我が家を見て、満足を感じる外観デザインの家に住めることは、幸せなことです。

注文住宅専門の工務店では、大手ハウスメーカーのように、広告宣伝費に莫大な予算は使いません。したがって、ハウスメーカーの規格型注文受託と同程度の価格の家であれば、よりグレードの高い建材や、住宅設備の家が建てられます。

モデルハウスはありませんが、完成住宅を見学できます。完成住宅は、モデルハウスと違って住宅地の中に建っています。その為、実際に自分たちの家が建った時の周辺環境とのつながり方が確認できます。

生涯安心して住める家

住宅の大切な要素には、外観や内装、間取りに加えて、住宅の性能があります。住宅の性能は、目に見えないものですが、暮らしやすさと資産価値に大きく影響します。

暮らしやすさ

夏涼しく、冬暖かい家であることは、暮らしやすい住宅の条件です。四季のある日本において、どの季節であっても、快適に暮らす為には、断熱性と気密性の高さが大切です。断熱性と気密性は、室内環境を調えるだけではなく、冷暖房の効率を良くするので、省エネにも役立ちます。

資産価値

現在の日本では、一生をかけて住宅ローンを払い続けているにもかかわらず、子供の代になれば建て直す住宅が非常に多くあります。その理由は老朽化だけではありません。ライフスタイルの変化に合わなくなってきたので、建て直すケースも少なくないのです。せっかく建てた家を、一代で無にしてしまうのは、もったいない話です。質の良い住宅であれば、子や孫の代まで、快適な生活を送れます。そしてそのような家は、資産価値が上がります。

資産価値の高い家は、ライフスタイルの変化によって、住み替えをする時にも、有利な条件で、住み替えができるので、将来的な安心感があります。注文住宅であれば、住宅の外観や内装、間取り、家の性能に加えて、資産価値の高さも付け加えられます。資産価値の高い家にする為には、どのような要素が必要なのでしょうか?

  • 耐震性能 地震の多い日本にとって、安心して暮らす為には必要不可欠な性能です。建築基準法に定められているよりも、高い耐震基準を備えた家は、安心であることに加えて、資産価値も高まります。
  • 可変性 将来のライフスタイルの変化に応じてリフォームしやすい家は、資産価値を高めます。
  • 耐久性 住宅は、どんなにグレードの高い建材を使ったとしても、雨風や紫外線、地震などによって劣化していきます。その為、子や孫の代まで劣化しない強靭な骨組みであり、外壁や屋根、住宅設備機器などについては、それぞれ適切な時期に、定期的にメンテナンスをする計画があることが、資産価値を高めます。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。