注文住宅で予算オーバーを避けるポイント 千葉での成功させる家づくり

注文住宅は、自分たちの理想の家は建てられるという大きな魅力がありますが、同時にその予算には上限がありません。自分たちが決めた予算なので、理想に近づけようとすればするほど、予算は膨らんでいきます。

専門家でもない限り、住宅を建てるということは、一生に何度も経験することではありません。動く金額も、日常生活で動かすような金額とは桁が違います。不慣れと大金過ぎる建築費からおこる金銭感覚の麻痺で、予算オーバーになるケースは少なくありません。一生住むのだから後悔のない家にしたいという思いがあるからです。

しかし、予算オーバーしてしまえば、組んだ住宅ローン以外の支出が発生したり、住宅ローンそのものの返済額を増やしたりしなければならなくなる恐れがあります。せっかく家を建てたのに、家計が圧迫されるというような生活になれば、幸せな家庭生活が壊れてしまうかもしれません。

家を建てている時には、夢が膨らみ、予算もオーバーしがちですが、できるだけ予算内で収めることが大切です。予算オーバーしやすい部分とその対処法について確認しておきましょう。

予算オーバーしやすい部分 外観

外観デザイン、屋根、窓で予算オーバーに関わるのはどんな部分でしょうか?

外観デザインと屋根
家の外観には、建築費が嵩む外観デザインと建築費が抑えられる外観デザインがあります。大まかに考えると凝った造りの家ほど建築費が嵩み、シンプルな家ほど建築費を抑えられます。

具体的には、1階と2階の大きさが違う、下屋が多い、方形屋根や寄棟屋根のように屋根の面が多い、L字型やコの字型をしている、インナーバルコニーや袖壁がついているというような外観の家は、建築費が嵩みます。反対に、総2階建てで、凹凸のない四角い形状をしている、一面の片流れ屋根や三角形の切り妻屋根がのっているという外観の家は、建築費を抑えられます。

バルコニー
洗濯物や布団を干すために2階部分にはたいていの住宅にバルコニーが設置されていますが、このバルコニーによっても建築費が変わります。最も建築費が嵩むバルコニーはインナーバルコニーです。家の外側に設置する一般的なバルコニーであっても、面積が広かったり、数が多かったりすると、その分建築費は上がっていきます。各居室にバルコニーを設置すると、バルコニーの設置費用だけではなく、バルコニーに面している窓を掃き出し窓にするので、窓の価格も高くなります。

狭すぎるバルコニーは、洗濯物が干しにくくなるので良くありませんが、90センチ程度の出幅があれば、不自由なく洗濯物や布団を干せます。2階をリビングにして、広めのバルコニーを設置するというような間取りは、建築費が嵩みます。


窓は数が多ければ多いほど、大きければ大きいほど建築費が嵩みます。また、窓は開閉方法と機能性によって予算が大きく変わります。窓は、サッシとガラスの性能によって機能性が変わりますが、同じ程度の機能性であっても、開閉方法によって価格が変わります。

一般的に最も多く使われている引き違い窓は、最も予算が抑えられる開閉方法の窓です。縦に細長く、家の側面を通り抜けてしまう風を採りこめる縦すべり出し窓と、小雨程度なら雨が降りこまない横長の横すべり出し窓では、縦すべり出し窓の方が価格を抑えられます。また、片開き窓より、両開き窓の方が高価格で、開閉できないFIX窓は価格が抑えられます。

ただ、窓は外観デザインだけではなく、風と太陽光を取り込むという生活に不可欠な働きをするので、価格だけで決めるわけにはいきません。基本的には、家の向きや周辺の環境、居室ごとの使用目的に合わせて、サイズや開閉方法を選びます。

予算オーバーしやすい部分 間取り

内装や間取りで予算オーバーに関わるのはどんな部分でしょうか?

収納
部屋をすっきりさせる為には収納スペースが大切です。その為、できるだけ収納スペースは多く作っておきたいと考える主婦は少なくありません。しかし、収納スペースは数多く作れば良いというものでもないのです。

家族の生活動線、収納する物のサイズに合わせた収納スペースがあれば、家の中はいつでもすっきりと片付きます。反対に、しまいに行くのがめんどうな場所にある、しまう物のサイズに合わず、デッドスペースができてしまう、又は狭くて入りきらないというような収納スペースは、無駄になってしまいます。

各部屋に収納を作るよりも、玄関やリビングにファミリークローゼットを設置する方が建築費を抑えられます。また、扉付きのクローゼットより、ウォークスルークローゼットの方が建築費を抑えられます。

造作家具
内装に調和する造作家具には、2種類あります。家具職人が作る造作家具と、大工が作る造作家具です。ガラスの入った扉が付いた凝った造りの壁面収納や、造り付けソファなどは、家具職人が作り、現場に持ち込んで設置します。一方、シンプルな棚やテレビボードなどは、大工が現場で造ります。

家具職人の造る造作家具は、塗装が均一で、仕上がりが美しく、複雑な構造の家具も作れますが、高額です。大工仕事の造作家具は、現場で作るので、サイズがピッタリしていますが、凝った造りの家具はできません。しかしその分、高額な費用は掛からず、建築費を抑えられます。

予算オーバーしても守るべき部分

家の中の環境を左右する部分と、家自体の寿命を護る部分は、予算オーバーしても守るべきです。

外壁と屋根の建材や塗料
外壁と屋根の質は、雨風や紫外線による経年劣化の進行に大きく関わります。もし建材の質を落とせば、経年劣化が早まります。その結果、外壁塗装や屋根の葺き替えをしなくてはならない周期が短くなってしまいます。

窓の機能性
夏涼しく、冬暖かい家を実現する為には、断熱性を高めることが重要です。そして家の断熱性には窓が大きな影響を与えます。断熱性の高さは、窓のグレードのよって異なり、グレードが高いほど価格も上がります。しかし、快適な室内環境を守る為には、窓の機能性の高さが必要です。

また、断熱性の低い窓にすることで建築費のコストダウンを図れば、月々の光熱費が余計にかかることになってしまいます。

予算オ―バーした時の考え方

住宅の性能を落とさないことを基本に考え、その他のことは暮らし始めてからのことを具体的に思い描いて優先順位を決めていきましょう。自分たち家族に絶対に必要なことは、それぞれの家族のライフスタイルによって異なるからです。

もう一つは、いずれ交換の時期が来た時に変えればよいと思えるものであれば、10数年後の楽しみにして今回はあきらめるという考え方もあります。例えば、システムキッチンやシステムバスはハイグレードにしたかったが、今回はあきらめて標準にしておくというようなことです。住宅設備機器は、標準グレードでも十分に快適に使えますし、贅沢なオプションには、実際につけたけれど使っていないというケースも多く見受けられます。

その他には、扉付きのパントリーにしたかったが、棚だけのパントリーにする、リビングとダイニングの間仕切りを無くして繋げるなど、できるだけシンプルにするという方法も考えられます。間仕切りを減らすと冷暖房の効率が落ちると心配されるかもしれませんが、断熱性が確保されている家であれば、その心配はありません。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら