注文住宅では玄関にもこだわりたい 千葉での成功させる家づくり

新築住宅を建てる際、玄関と階段の位置は間取りの重要なポイントです。玄関と階段の位置関係によって、家族の生活動線が変わり、暮らしやすさに繋がるからです。

また、道路や周辺の住宅との位置関係も大切です。家族が出入りしやすく、侵入強盗犯には狙われにくい玄関、道路や周辺の住宅からの視線が玄関内に入り込まない玄関は、道路や周辺との位置関係が十分に考慮されている玄関です。

適切な位置に設置されていることが第一条件ですが、その他にも玄関にはこだわりたいポイントがいくつかあります。玄関に必要なことについて項目ごとに考えていきましょう。

玄関の役割

当たり前のように毎日使っている玄関ですが、玄関には様々な役割があります

外部との中間地帯
玄関は、家族にとって、安全で安心できるプライベートな空間と、気を張らなくてはならない外部との第一中間地帯です。ドアを開け玄関から外に出て、門までの間が第二中間地帯です。

玄関は、出かける身支度を整える場所でもあり、社会に向けて気を引き締める場所でもあります。そして、帰宅した時には、自分の家に帰ってきた安心を感じる場所です。

家の顔
来客にとっては、訪ねた家の中で初めて足を踏み入れる場所なので、家の顔ともいえる部分です。訪れた人は、道路から見える家全体の印象、門や植栽、花壇などで構成される玄関アプローチから、始めの印象を与えられます。

そして玄関内に入った時には、その家の人の暮らし方を感じ取ります。花が活けてあったり、絵画が飾ったりしている玄関からは生活の余裕が感じられます。玄関内に靴や傘が散乱していれば、生活の乱雑さが感じられます。

出かける準備
靴を履く、コートを着る、犬の散歩の用意をする、鏡を見て身支度を整えるなどの出かける準備をする場所です。

外出で使ったものを片付ける
靴、コート、傘、ペットのお散歩用アイテム、ベビーカーなど、家の中に持ちこまないものを片付ける場所です。玄関前は、季節によっては、花粉を落とす場所でもあり、不祝儀から帰宅した際には、清めの塩を使う場所でもあります。

収納する
靴やコート、傘、ベビーカー、三輪車、スポーツ用品など、外で使う物を収納する場所です。

玄関のイメージ作り

家族を送り出し、向かい入れる場所である玄関は、家族にとって朝は気持ちよく出かけられる空間、帰宅時にはリラックスできる空間でありたいものです。また、来客にとっては家の顔となる場所なので、好印象が与えられる玄関であることが大切です。

気持ち良く出かけられる玄関、帰宅時に居心地の良さを感じる玄関、来客が好印象を受ける玄関にする為にはどのようなイメージ作りが必要でしょうか?

すっきりとした玄関
玄関内に靴や傘が散乱していると乱雑な雰囲気になってしまいます。たたきには来客用傘立てや鉢植え以外の物はおかれていない玄関が理想です。

明るい玄関
昼間から電気をつけなくてはならないという玄関は、朝、気持ちよく出かけられません。吹き抜けにして天窓をつけたり、壁面に窓をつけたりできればそれに越したことはありません。しかし、間取りの関係上、窓が設置できない場合もあります。そのような場合には、採光量の多い玄関ドアを採用すると、明るい玄関を実現できます。玄関ドアにはドアの両側に採光用のFIX窓がついているタイプなど、様々なデザインがあります。

風通しの良い玄関
どんなに清潔にしている家でも、その家独特の生活臭が発生します。特に、風通しの悪い玄関には、湿気で発生する靴の臭いが充満してしまうことがあります。換気の良さも爽やかな玄関にする為のポイントの一つです。間取りの関係上、窓が設置できない場合は、採風機能のついたドアを採用すると風の通る玄関にできます。

暖かい玄関
玄関は暖房をしないので、冬は寒い場所になりがちです。全館暖房の家でも、玄関からは熱が逃げていくので、玄関はリビングに比べれば寒い場所になってしまいます。しかし、玄関のドアを断熱ドアにしておけば、寒い冬の日でもリビングとの温度差が抑えられます。

ゆとりのある玄関
玄関の土間部分が狭く靴を脱いだり履いたりしにくいというような狭い玄関は使い勝手の悪さに加えて、窮屈な印象を受けます。家族の人数にもよりますが、玄関にはある程度の余裕がある面積が必要です。

夫婦だけの暮らしであれば、1坪~1,5坪程度でも事足ります。しかし、子供のいる家族、夫婦だけではあるが来客が多い家族であれば、2坪以上の面積を確保することが理想です。収納スペースをたっぷりとれることに加えて、花や絵画を飾ったり、身支度を整えるための鏡を配置したりできるので、余裕のある玄関を演出できます。

外構とのデザイン性が関連付けられている玄関
門から玄関までの外構デザインと、玄関内のインテリアとの関連性がある玄関は、洗練された雰囲気を演出できます。門、植栽、ポスト、照明などに加えて、玄関ドアのデザインによって作られた門から玄関までのイメージと玄関内のインテリアの調和が大切です。

洗面台のある玄関
洗面所と脱衣所を兼用にしている間取りで、洗濯機を置いている家庭では、洗面所に生活感が出てしまいます。そもそも、洗面所は衛生的な場所、プライベートな場所でもあります。その為、お客様には家族の洗面所を使ってもらいたくないと感じる人も少なくありません。そのような場合、玄関にちょっとした洗面台があると、お客様に使ってもらいやすく便利です。

また、玄関からリビングが最も近いという間取りが多く見うけられます。このような間取りの場合、帰宅してリビングで過ごすことの多い子供たちは、玄関からリビングに直行しがちです。わざわざ洗面所に行って、手洗いうがいをしてくれないことが多いのです。しかし、玄関にちょっとした洗面台があれば、帰宅後の手洗いうがいを習慣づけられます。

玄関の収納

すっきりした玄関にする為にも、散らからないリビングにする為にも、玄関の収納は重要です。

ここ数年、家族用玄関と来客用玄関を分ける間取りが注目を浴びています。しかし、お教室をしていて、多くの生徒が出入りする家であったり、来客が多い家族であったりする家族でもなければ、それほど有益な玄関の間取りではありません。それよりも、そのスペースを大型収納にする方が、暮らしやすさに繋がります。

収納スペースのサイズは、家族構成によって違ってきます。生活動線から考えて、玄関収納したい物を具体的に思い描き、間口と奥行き、棚の高さや幅を決めることが大切です。なぜなら、収納スペースは、出し入れしやすい場所にあり、収納する物の大きさにあった間口と奥行きがなくては、使いにくい収納スペースになってしまうからです。

  • 土間収納 土間の部分に作る収納スペースです。靴の他にベビーカーや三輪車、スポーツ用品などを収納できます。
  • 玄関ホール収納 床の上に作る収納スペースです。靴やコート、日傘、帽子などを収納できます。

ウォークインクローゼット・ウォークスルークローゼット
土間収納と玄関ホール収納を繋げた大型のウォークインクローゼットは、内部の棚の作り方で、玄関に収納したい物が全て収納できます。靴を履いたまま、土間部分から入り、靴をしまって玄関ホール部分から出られるよう、ウォークスルータイプにしても便利です。

このタイプの大型クローゼットを設置すると、帰宅した時、靴以外にコートやバッグなどもしまえるので、リビングも散らかりません。掃除用具など、毎日使うが出しっぱなしにはしておきたくない物もしまえます。

また、2階にキッチンがある間取りでは、重い食料品を2階に運び上げることが負担になることがあります。棚の一部を食料品の仮置き場にしておけば、買い出しをした食糧品をいっぺんに運ばなくても済むので便利です。

玄関はリビングのように長時間過ごす場所ではありませんが、毎日必ず通る場所であり、来客にファーストインプレッションを与える場所です。常に清潔に整然とした空間を演出しやすい玄関が、暮らしに快適さをもたらします。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら