注文住宅を建てるならどんな工務店を選ぶべきなのか 千葉の高級注文住宅ならダイカン

「自分たち家族が最も暮らしやすい家を建てたい」

「家の外観は家族を表すというからゆとりを感じさせる外観の家にしたい」

家を建てる時、雨風が凌げればよいという以外に、暮らし方や家の外観にこだわりがある人が、満足できる家づくりをする為にはどのような方法があるでしょうか?

家を建てる方法

すでに土地を持っている人、土地探しから始める人、予算の上限、家へのこだわりなど、家を建てる人にはそれぞれ異なった事情があります。そして、その事情に合わせて、家の建て方を選ぶことができます。

土地付きの住宅を希望する場合

建売住宅
すでに完成した住宅を購入する方法です。家を建てる方法の中で、最も安価に住宅を購入することができること、完成した状態で外観や間取りを確認できることなどが、建売住宅のメリットです。しかし、建売住宅の中には、建築基準法ギリギリの耐震性能である、建材や建具のグレードが低く、家の劣化の速度が速い、断熱性が低い為冷暖房の効率が悪い、スイッチの位置が悪く、数も少ないので使いにくいというような住宅もあるので、注意が必要です。

分譲住宅
規模の違いはありますが、大手ハウスメーカーが道路や緑地帯を整備した広い敷地内に建てる規格型注文住宅です。美しい街並みに同じような印象の家が並んでいる風景をご覧になったことがあるのではないでしょうか?規格型注文住宅なので、よく見れば、ドアや窓の色やデザイン、外壁の色、玄関回りの配置などは、違っているのですが、同じようなテイストの家という印象を受けます。間取りや内装も同じで、規格の制限内から好みに合わせて選ぶので、完全な注文住宅ではありません。

また、ハウスメーカーは、広告宣伝費やモデルハウスに莫大な費用をかけていること、道路や緑地帯の整備の費用がかかっていること、それらの費用が個々の住宅の建築費に含まれていることなどから、同程度のグレードの家を工務店で建てるより建築費が嵩みます。

土地探しから始める人

規格型注文住宅
分譲住宅と同じように、土地探しをしながら家を建てる場合の選択肢にも、ハウスメーカーの住宅があります。不動産屋に依頼して自分で土地を探しつつ、ハウスメーカーに施工を依頼する方法と、ハウスメーカーに土地探しも含めて依頼する方法があります。

完全注文住宅
工務店や設計事務所に依頼して建てる完璧な注文住宅です。家族構成、家族の暮らし方、外観や内装の好みなど、すべての面において、自分たちの希望に合わせた家づくりができます。設計事務所に依頼する場合には、設計事務所が設計と監理を行い、施工は設計事務所と施主が相談して決めた工務店がおこないます。

工務店に依頼する場合には、工務店が設計と施工を行います。したがって、工務店に依頼する場合、工務店選びが家づくり成功の大きなカギとなります。どちらに依頼する場合も、不動産屋に依頼して自分で土地を探しつつ、工務店や設計事務所に施工を依頼する方法と、工務店や設計事務所に土地探しも含めて依頼する方法があります。

工務店の種類

設計事務所に依頼する場合、最も要となるのは設計です。したがって、設計プランに合わせて、そのプランが実行できる工務店に施工を依頼します。一方、始めから工務店に依頼した場合、その工務店が希望に沿うような設計プランを作れるのかということは未知数です。なぜなら工務店にはいろいろなタイプがあり、工務店によっては、施工上の都合が設計に影響することがあるからです。

もし、自分たちの求める家づくりにあう工務店が見つかれば、同じグレードと同じ大きさの家が、ハウスメーカーより抑えた建築費で建てられます。同じ予算であれば、より高いグレードの家、又は広い家が建てられます。もちろん自由度はハウスメーカーよりはるかに高く、家族の生活に調和した暮らしやすい家が完成します。

そのような家を建てられる工務店とはどのような工務店なのでしょうか?自分たちの希望通りの家を建てられる工務店を選ぶ為のポイントを押さえながら、工務店の種類を確認しておきましょう。

得意な工法
工務店の中には、木造在来軸組工法を得意とする工務店、ツーバイフォーを得意とする工務店、RC造を得意とする工務店などがあります。自分たちが建てたい家を実現できる工法を得意とする工務店を選ばなくてはなりません。

木の家に住みたければ木造在来軸組工法やツーバイフォー、鉄骨の家に住みたければRC造、間取りの自由度を高めたければ木造在来軸組工法やRC造というように、希望する家によって、適切な工法は変わってきます。

業務の方法
工務店には、独自の設計をし、自社で建築をする工務店、ハウスメーカーのフランチャイズ店、ハウスメーカーのように規格型注文住宅だけを建築する工務店、建売住宅を販売している工務店、設計事務所から依頼を受けた住宅だけを施工する工務店など、様々な業務の方法をする工務店があります。

また、新築の仕事が少なく、つなぎにリフォームなどを多く手掛けている工務店もあります。気軽に相談できるという強みはありますが、住宅建築の業務だけをこなしている工務店の方が新築の場合には信頼できます。このような数多くの種類の工務店の中から、自分たちの理想に合う家を建てる為には、独自の設計をし、自社で建築をする工務店を選ぶことが重要なポイントです。そして、それと同時に、信頼性を保証する体制が確立されていることも必要です。

保証体制
住宅瑕疵担保責任保険、完成保証などが使える工務店と、使えない工務店があります。住宅瑕疵担保責任保険は、住宅完成後10年以内に構造部に問題が起ったり、雨漏りが発生したりした時に無償で修復をする住宅瑕疵担保責任を果たす保険です。この保険に加入する為には、工務店が保険法人に加入していなくてはなりません。

完成保証は、建築期間中に施工者が倒産してしまった場合の保障をする保険です。この保険も完成保証会社に加入している工務店に施工を依頼しなくては加入することができません。

千葉県で高級注文住宅を建築するダイカン

ハウスメーカーは割高な分、デザインや住宅の品質が一定水準保たれています。しかし、工務店には、実力の違いがあり、得意不得意もあります。そのような数多くの工務店の中で、ダイカンは、新築住宅の建築に特化し、資産価値の高い高級注文住宅を建築しています。

家づくりの成功は、住宅性能、家族の暮らしに寄り添った間取り、美しい外観の組み合わせで作られます。そして、資産価値の高い家は、長い人生に対して、地震や災害などに対する安全面での安心感と、経済的な安心感を与えてくれます。ダイカンの家は、外観デザインや内装の良さだけではなく、見えない部分が作り出す安全性や快適性にこだわっています。そのこだわりを具体的に確認しておきましょう。

  • 工法 木造軸組工法 在来工法とも呼ばれる木造軸組み工法は、古くから日本の家づくりに採用されてきた工法です。四季があり、湿度の高い日本の生活における室内環境を、木材の持つ調湿性や断熱性が快適に調えます。また、同じ木造住宅でも、ツーバイフォーなどに比べて間取りの自由度が高く、将来的にリフォームや増改築をする際には、柔軟に対応できます。
  • 耐震性 地震大国に日本においては、建築基準法で耐震基準について厳しく規定されています。建築基準法が定める耐震等級1とは震度6強~7程度の地震が発生しても、倒壊しない耐震性を表します。ダイカンの家は、震度6強~7程度の地震が発生しても、無傷、又は軽い補修をすれば住み続けられる耐震等級3を備えています。
  • 断熱性 年間を通して家の中の温度を快適に保つ家は断熱性の高い家です。同時に冷暖房の効率を良くするので、エネルギーの節約にもなります。ダイカンの家は省エネルギー対策の最高等級4を満たす家です。

千葉県での注文住宅をお考えの方は、ぜひダイカンの完成住宅をご覧ください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

 

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら