注文住宅で失敗しがちなコンセントの位置

注文住宅の建築プランを作る時、外観や間取りに対してはたくさんの夢や希望があり、入念に検討します。ところが、コンセントやスイッチの位置には、意外と無頓着であることが多いのです。その結果、暮らし始めてからなぜこんなところにコンセントが?というような使えないコンセントがあったりします。反対に、ここにコンセントがあれば、コードを延長しなくて済むのに…と必要な場所にコンセントが無かったりすることもあります。

コンセントは家が完成してから増やそうと思っても、DIYではできません。電気工事士の資格を持った人にコンセントの増設工事を依頼し、その後に壁紙なども補修しなくてはならず、費用も時間もかかってしまいます。しかし、必要なコンセントが足りないままにしておくと、複数のテーブルタップを使うことになってしまいます。そうなれば、コードがごちゃごちゃするばかりではなく、安全性にも問題が出てきます。コード類をすっきりさせ、安全に電気製品を使う為には、新築時に慎重に考え、コンセントの位置と数、コンセントのタイプを決めることが大切です。

コンセントの位置が暮らしに与える影響

コンセントが必要な位置にない為に暮らしに与える影響にはどのようなことがあるでしょうか?

数を確保する為におこること コンセントの数を確保する為にテーブルタップを使う→コード類がごちゃごちゃする→ほこりが溜まりやすい上に、掃除がしにくい、見た目がすっきりしない→数が増えすぎると、発熱し、最悪の場合発火する恐れがある。

位置が悪いためにおこること コンセントが遠く、置きたい場所に電気製品を置けない→延長コードを使う為、コードは邪魔になる上に見た目も悪い。

そのような状況にならないよう、部屋別に必要なコンセントの数と位置を考えてみましょう。

リビング

  • エアコン 天井から200mmの位置にエアコン専用コンセントを設置 プラグを抜かずに待機電力を切るスイッチがついているコンセントもあります。
  • オーディオ、ブルーレイレコーダー、テレビ、ゲーム機、電話機、インターネット用のモデムやルーター まとめて配置する、数か所に分散して配置するなど、配置と組み合わせ方法に合わせてマルチメディアコンセントを設置 家庭内LAN の方法によって配線が変わりますので、それに合わせてコンセントを設置

→ マルチメディアコンセントは、テレビコンセント、LAN用モジュラコンセント、電話用モジュラコンセントが組み合わされているコンセントです。必要な数と種類に合わせて組み合わせ選べます。

  • 掃除機 部屋の広さに応じて低い場所に数か所設置 お掃除ロボットの充電ステーションをリビングにする場合は低い位置に充電ステーション用のコンセントを設置
  • 読書灯 サイドテーブル、又はフロアフロアスタンドを置く予定の場所の近くに設置
  • 暖房機、扇風機 置く位置に合わせて床用コンセントを設置 使わない季節にはコンセントが邪魔になりません。

→ 床用コンセント コンセントを使わない時は、蓋をしてしまえるので季節の家電には非常に便利です。

キッチン・ダイニング

  • 常にコンセントに繋いで置く家電 冷蔵庫、食器洗い乾燥機、電子レンジ、炊飯器などを置く場所に合わせてちょうど良い高さに設置 負荷が大きい電機製品が揃っているので、コンセントを分離し、回路を分ける。
  • 使うたびに取り外す調理器具 ハンドミキサー、ブレンダー、ホットプレート、アイスクリームメーカーなどを使う場所に合わせて使いやすい高さの位置に設置 水がかかる恐れのない位置であることにも気をつける。ダイニングのテーブルの下に床用コンセントを設置しておくと、お鍋やバーベキューの時に便利です。
  • 掃除機 キッチン・ダイニングの広さに応じて低い場所に数か所設置 お掃除ロボットの充電ステーションをキッチンにする場合は低い位置に充電ステーション用のコンセントを設置

洗面所

  • ドライヤー・ヘアアイロン 洗面台の近くの使いやすい高さに設置 ドライヤーは負荷が大きいので、アイロンのコンセントと分離する。
  • 電動歯ブラシ、髭剃り機 洗面所の収納内部に設置
  • 洗濯機、乾燥機  1,000mmの高さに設置する。負荷が大きいので、他のコンセントと分離する。

トイレ

  • ウオッシュレット 排水縦管がない側の奥に設置
  • 暖房機 暖房機を置く位置に床用コンセントを設置

廊下・階段

  • フットライト 差し込み式のフットライトを使う予定であれば、低い位置に廊下の長さに合わせて設置 (差し込み式は出っ張ってしまうので、埋め込み式の方が見栄えが良いです。)
  • 掃除機 廊下の中央、階段の登り口に設置、 コーナーがある場合はコーナーに設置、踊り場のある階段では踊り場につけると掃除が楽になります。人感センサーが付いたコンセントにすると、フットライトの役割もします。

子供部屋・寝室

  • スタンド・パソコン・スマホの充電器 サイドテーブルやデスクの位置に合わせて設置
  • エアコン 天井から200mmの位置にエアコン専用コンセントを設置
  • 暖房機 暖房機を置く位置に床用コンセントを設置
  • 掃除機 キッチン・ダイニングの広さに応じて低い場所に数か所設置

大型クローゼット

  • 照明 大型クローゼットにはあらかじめ照明がついていますが、荷物が増えてくると光が届かなくなる場所が出てくることがあります。クローゼットの広さに合わせて、隅の上部にコンセントをつけておくと便利です。
  • 掃除機 入り口付近に設置

屋外

  • 自動車の充電器・高圧洗浄機 ガレージ、又は駐車スペースのそばに防水タイプのコンセントを設置
  • 屋外用掃除機 ベランダに布団を干す場合、布団のほこりも吸引できるのでベランダにコンセントを設置すると便利です。
  • 電動工具 日曜大工をする場所の近くに設置
  • イルミネーション 飾りつけをしたい場所のそばに防水タイプのコンセントを設置

コンセントの位置はどの段階で決めるの?

間取りを決める時に大切なことは、暮らし始めてからのことを具体的に想定して決めることです。間取りが決まったら、家の向き、周辺の環境、家具の位置、家事動線、生活動線に合わせて、窓の位置とコンセントの位置を決めます。

↑のような図面に家具と家電を書き込んでいくとわかりやすいと思います。家具のサイズは間取り図と同じ縮約にしておきます。

家庭で使う電気製品の数は非常に多い為、分岐回路、電気設備容量、コンセントの数は慎重に決める必要があります。分岐回路が不足していると、複数の電気製品を同時に使えません。無理に使えば小分けにしてあるブレーカーが落ちてしまいます。電気設備容量が足りていなければ、小分けブレーカーの大本になっているブレーカーが落ちてしまいます。そして、コンセントの数が不足すると、不便なだけではなく、安全性も損なわれます。

コンセントの位置はどうやって決めるべき?

基本的には、間取り図を見ながら、窓、ドア、家具の配置を考えた上でコンセントの位置を決めます。

  • 出入口 引き戸であれば問題ありませんが、開き戸の場合、ドアを開けた時にコンセントが隠れてしまうと不便です。ドアの開閉方法にも気をつけましょう。
  • 家具の大きさ 想定していたより大きい家具を置くとコンセントが家具で隠れてしまう恐れがあります。間取りを決める時に、家具選びも同時に進めれば、コンセントの位置もおのずと適切な位置につけられます。
  • コードの長さ 電気製品を置く場所とコンセントの位置が近いことが一番です。しかしコードの長さとコンセントの位置によっては、ちょうど良いはずだった場所なのに、数センチ足りず、延長コードを使うことになる恐れもあります。その為、位置を決める際には、電気製品のコードの長さも考慮する必要があります。

コンセントの数は、不足すると不便ですが、多ければよいというものでもありません。おおざっぱに考えて、念のために多くしておくという方法では、無駄なコンセントができてしまいます。コンセントの数は増えれば増えるほど、建築費も上がっていきます。使わないコンセントが多ければ、見た目も良くなく、インテリア性が低下します。具体的な家具の位置と大きさ、窓とドアの開閉方法、固定する家電と使うたびにコンセントに繋ぐ家電、移動しながら使う家電などを考慮して綿密にコンセントの位置を決めることが暮らしやすさに繋がります。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら