間取りで失敗しない注文住宅を建てたい 千葉県の高級注文住宅

 

注文住宅は自由度が高い分、夢が膨らみ過ぎて、暮らし始めてから失敗したと後悔する間取りになってしまう恐れがあります。理想の家のイメージを持つことは大切ですが、イメージだけに踊らされず、暮らし始めてからのことを具体的に想定して間取りを決めることが間取りで失敗しないためのポイントです。

生活動線を考えなかった間取りの失敗

朝の動線
家族構成やライフスタイルによって異なりますが、多くの家庭では、朝、同じような時間帯に出かける支度をします。その為、洗面所とトイレの位置、洗面台とトイレの数によっては、洗面ラッシュ、トイレラッシュになってしまいます。洗面所の他にも洗面台設置する、洗面台を2ボールタイプにする、トイレを2か所作るなど、同じ時間帯に複数人が使っても混雑しない間取りにしておくことが大切です。

帰宅後の動線 
家族は多くの時間をリビングで過ごします。帰宅してほっと一息つくのもリビングです。その為、帰宅後、子供部屋や書斎まで荷物や脱いだ上着を置きに行くのが面倒で、リビングに荷物を持ち込んでしまいます。その結果、リビングにいつ物が溢れている、リビングが片付かないという状態になってしまいます。

このような状態にならないようにしなくては、すっきりしたリビング、いつも片付いているリビングは実現できません。そこで、玄関、玄関からリビングまでの通路、リビングのどこかに、ファミリークローゼットを作っておくと、帰宅後の荷物やコートをしまえるので、リビングが片付きます。

家族のふれあい 
子供が小さいうちは気になりませんが、玄関から直接子供部屋に行ける間取りは、子供の行動を把握できなくなる恐れがあります。子供が帰宅した時には気配を感じてお帰りなさいと声をかけられる間取り、子供が黙って外出しようとしても気配を感じられる間取りにしておくことが大切です。

手洗い・うがい 
洗面所や浴室が2階にあり、リビングやキッチンが1階にある場合、帰宅時の手洗いうがいの為に2階に上がらなくてはならず、不便です。洗面所や浴室が2階にある場合には、玄関近くに洗面台があると便利です。

家事動線・洗濯
洗う、干す、取り込む、畳む、しまうといった作業をできるだけ集約した位置で行えると家事負担が軽減できます。1階に洗濯機があり、2階にバルコニーがある場合、濡れて重い洗濯物を持って、何度も階段を往復しなくてはなりません。アイロンがけをする場所が1階にあれば、取り込んだ洗濯物を1階まで運び、アイロンの後、2階の寝室や子供部屋にしまいに行かなくてはなりません。

2階のバルコニーに洗濯物を干すのであれば、2階に洗濯機の設置スペースを作る、又は、1階の洗面所や脱衣所に洗濯物を干せるようにする、洗濯機を脱衣所や洗面所に置く場合には、下着やタオルを収納できるスペースや、アイロンがけができるスペースを作るなどの工夫が家事負担の軽減に繋がります。

家事動線・キッチン
キッチンとダイニング、キッチンと洗濯をする場所、キッチンとリビングのどこかが突き当りになっていると、複数の家事を同時にスムーズにこなせません。キッチン、ダイニング、リビング、洗面所や脱衣所が回遊できる間取りになっていれば、調理、配膳、片付け、洗濯などを同時進行でこなせます。

来客動線・リビング
客間を作らず、リビングでお客様をもてなす場合、リビング階段のある家ではいくつかの問題がおこります。お客様がいらしていると、リビングを通らないと玄関に行けないので外出しにくい、1階と2階の音がお互いに良く響くので、2階の子供部屋の足音が気になったり、反対にリビングの話し声が勉強中の子供の邪魔をしたりするなどの問題です。

リビング階段は、家族のライフスタイルに合っているかどうかを考えた上で取り入れるか、取り入れないかを決めることが大切です。

来客動線・トイレ
トイレが1か所しかなく、リビングを通らなくてはいけない間取りになっていると、来客中にトイレに行きにくくなってしまいます。また、玄関の近くに配置されていると、玄関に来客がある場合トイレが使いにくい、トイレ中に来客があり、他の家族が対応しているとトイレから出た時に、気まずいといった状況になることがあります。

周囲の環境を考えなかった間取りの失敗


日当たりの良い部屋、風通しの良い部屋にする為に、窓は重要な役割をします。しかし、大きな窓をたくさんつければ暮らしやすい家になるわけではありません。プライバシーが守れなくなる恐れがあるからです。

敷地が広く、隣家との距離が極めて離れている、公園や緑地帯に面しているというような状況でない限り、道路や周辺の家からの視線は避けられません。いつでも気兼ねなく開けられる窓にする為には、周辺の家や道路との位置関係を考慮して窓の位置、大きさを決めることが大切です。

ルーフバルコニーやデッキテラス
広めに作って家族で寛いだり、バーベーキューを楽しんだりしたいと思っていても、実際には周辺の家からの視線が気になったり、自分たち家族の話し声やバーベーキューの匂いが周辺の家への迷惑になりそうで気が引けたりして使えないこともあります。

どちらも建築費用が嵩むオプションでもあり、使えなければ無駄になってしまいます。作る場合には、周辺の状況を十分に確認して、使える位置に作ることが大切です。

玄関
道路との位置関係によっては、玄関を開けると、玄関の中が外部から全て見えてしまうことがあります。道路から玄関が近い場合には、玄関の位置と向きに加えて、植栽や目隠しフェンスなどエクステリアの工夫も必要です。

季節の気候の変化を考えなかった間取りの失敗

吹き抜けやリビング階段
陽当たりが良くなる、リビングが開放的な空間になる、おしゃれな感じがする、帰宅した家族が必ずリビングを通るので、家族の自然な触れ合いができるなど、数々の良さがある為、ここ数年人気が高まっています。

ただし、吹き抜けとリビング階段の組み合わせには問題点もあります。季節ごとの気温の変化に対応しにくくなるということです。空間が広いので冷暖房の効率が落ち、光熱費が嵩みます。吹き抜けやリビング階段を設置しても、夏涼しく、冬暖かい部屋にする為には、高気密、高断熱住宅にすることに加えて、適切な暖房の方法を取り入れる、リビング階段の手前に透明なガラスなどの引き戸をつけるなどの工夫が必要です。

天窓
明るい陽ざしを取り込め、夜空の星が眺められる天窓は魅力のある窓です。しかし、窓の位置によっては、夏場の陽射しが強すぎ、太陽の直射熱で冷房の効きが悪くなってしまう恐れがあります。天窓用の遮光ブラインドを設置するなどの工夫が必要です。

家具の配置を考えていなかった間取りの失敗

間取りを決めていく時には、家具の配置を念頭に置いて窓やコンセントのいつを決めることも、暮らしやすい間取りにするポイントです。


窓の大きさ、位置、形状によっては、家具の配置がしにくくなってしまうことがあります。

コンセントやスイッチの位置
家具を置くとスイッチが隠れてしまう、必要な場所にコンセントがない為、室内がコードだらけになってしまうなど、不便な問題がおこる恐れがあります。室内に配置する予定の家電や家具を具体的に想定してコンセントやスイッチの位置を決めることが大切です。

暮らしやすい間取りの高級注文住宅

暮らしやすい間取りの家を実現する為には、たくさんの条件があります。その中の一つが施工を依頼した工務店との打ち合わせです。家を建てる時には、理想の家のイメージや、夢が膨らみ、たくさんの希望を持っていると思います。工務店との打ち合わせでは、それらの希望を実現する為の話し合いが行われます。

工務店側からは、家に対する希望を理解した上で、すべて受け入れるのではなく、専門家としての見地から、より良い家にする為の提案が出されます。この打ち合わせでよい話し合いのできる工務店、話し合ってできたプランを完璧に実現させる実力を持った工務店との家づくりが、暮らしやすい間取りの注文住宅の完成に繋がります。

千葉県は、東京の東側にある太平洋と東京湾に面した緑の豊かな県です。年間を通して温暖な気候に恵まれ、自然公園もたくさんあります。東京へのアクセスがしやすく、通勤に便利であることに加えて、千葉市内にもたくさんの商業施設があり、暮らしやすい地域です。そんな千葉県での注文住宅をお考えであれば、ぜひダイカンにご相談ください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら