千葉県で新築する注文住宅 オプションはどうする?

「注文住宅にオプションがあるの?」「注文住宅は何もないところから作り出すのでは?」と思われる方も少なくないと思います。注文住宅は、家を新築する家族の要望に合わせて、設計や間取りが作られていくものですが、注文住宅にも基本的な標準仕様があるのです。千葉県で新築する注文住宅を検討中の皆様に向けて、オプションについてご説明します。

注文住宅のオプションの範囲

標準仕様は工務店やハウスメーカーによって異なり、標準仕様にないものはオプションとして取り扱われます。そしてオプションの中には、家を建築する為に不可欠なオプションと、住宅のグレードを高める為のオプションがあります。

家を建築する為に不可欠なオプション

  • 地盤改良工事 建築前の地盤調査によって敷地の地盤の強度が十分ではない場合、地盤工事が行われます。地盤の状況によって地盤工事の方法が異なり、工事が必要な部分が深くなるほど、大掛かりな工事が必要になります。
  • 造成工事 敷地に傾斜がある、道路との間に段差があるというような状況の場合には、造成工事が行われます。傾斜や段差が大きくなるほど、大量の土盛りや擁壁工事が必要になっていきます。

住宅のグレードを高める為のオプション

  • 耐震性、断熱性など、住宅の性能をグレードアップする どちらの機能も標準で十分な性能が備えられていますが、それ以上の性能を求める場合には、オプション扱いになります。

暮らしを快適にする為のオプション

暖房機器、窓の種類、システムキッチンやシステムバスのグレードアップ、キーシステム、コンセントの数の増量など、暮らしを快適にする為のオプションです。

外装と内装を好みに合わせる為のオプション

建材のグレードを標準より高いものにする、凝ったデザインの外観にする、造作家具をつけるなどは、オプション扱いになります。

会社によって標準仕様は異なります。例えば、床暖房を標準仕様にしている会社もあれば、キーシステムをオプションにしている会社もあります。標準仕様に備えられていないものを追加する場合がオプション扱いになるのです。

家づくり中には、あれもこれも追加したくなってしまうものですが、実際に暮らし始めた時に役立つオプションばかりではありません。しっかり見極めて選ばないと、役に立たないばかりか、建築費がどんどん嵩張ってしまうので、注意が必要です。

オプションの種類

TOTO ドレーナ

規格型住宅の場合のオプションは、建材や住宅設備機器の色やグレードの変更など、限られていますが、注文住宅では幅広いオプションが選べます。自由度が高い分、建築費も契約時の本体価格より嵩んでいくので、オプションの選び方はとても重要です。

具体的にはどのようなオプションがあり、費用はどの程度になるのかということを見ていきましょう。

造り付け家具
注文住宅の良さの一つに造り付け家具がつけられることがあります。造り付け家具は、置き家具と違って、デッドスペースを作らない、壁や床など内装と調和する、家族構成やライフスタイルに合わせて作れるなど、良い面がたくさんあります。

リビングでは、壁面を利用した造作棚や収納ができるソファ、キッチンではキッチンカウンターと繋がったダイニングテーブルやパントリー、洗面所では洗面台や収納スペース、子供部屋では勉強机付きのロフトベッド,猫を飼っているお宅では壁面のキャットウォークや、猫用の出入り口がついたドア、犬を飼っているお宅では、お散歩用品がしまえる土間収納、犬が階段を上らないようにするペットゲートなど、家族構成やライフスタイルに合わせて、様々な造作家具がつけられます。

内装
フローリングや壁などの内装、ドアや窓などの建具を無垢材に変える、壁にアクセントウォールを取り入れるなど、内装にもオプションがあります。内装に無垢材を取り入れると、室内の雰囲気が変わるだけではなく、木の持つ調湿作用によって室内環境が調います。また、壁の一部だけ違う色にする、タイルや自然石などを貼り付けるなどのアクセントウォールは、素材によって異なる雰囲気、高級感や重厚感が演出できます。

その他、窓のタイプも一般的な引き違い窓から、出窓、両開き窓、ドレーキップ窓などがオプションとして選べます。窓のタイプによって、ほとんど同じ価格で変更できる場合と、高額になる場合があります。

暖房機器
床暖房や、置き型エアコン、床下エアコン、薪ストーブなど、新築時でなければ設置できない暖房機器も、ほとんどの場合はオプションです。床暖房や床下エアコンは、置き型暖房器具と比較すると、家の中が平均的に暖められ、薪ストーブは暖かさに加えて、雰囲気も楽しめます。どれも家が完成してからの設置は難しいので、新築計画の際には暖房器具についても検討も大切です。

住宅設備機器
システムキッチン、システムバス、システムトイレなどのグレードを、より高い性能のタイプに変えるグレード変更は、オプションとして扱われます。キッチンでは、ビルトイン浄水器やビルトインコンロ、お掃除機能付きの換気扇、食器洗い乾燥機など、浴室では、浴室暖暖房乾燥機や、ミストシャワー、ジェットバスなど、トイレでは高機能ウオッシュレットやタンクレストイレなどがオプションとしてあげられます。

セキュリテイ
玄関ドアのスマートキーシステム、人感センサーライトなどのオプションで、家の防犯性が高められます。

つければよかったオプションとつけなくてもよかったオプション

家づくりをしている時には、ついあれもこれも…とたくさんのオプションをつけてしまいがちです。新築時にしかつけられない、一生住む場所だから後悔したくないという心理が働いてしまうからです。しかし、実際に暮らし始めてから無駄だったと感じる場合や、確かに良いがランニングコストが高すぎてあまり使えないというケースなどつけなくてもよかったと感じるオプションがあります。反対に今更つけられない、つけておけばよかったとつけなかったことを後悔するオプションもあります。

つければよかったオプション

  • 洗面台 家族の人数が多い場合、朝は洗面ラッシュになってしまいます。また、洗面所と脱衣所を兼用している場合には、タイミングによっては生活感が出てしまうので、お客様に使っていただきにくいことがあります。玄関わきなどに洗面台がもう一つあれば、お客様にも使っていただけるし、子供が帰宅した時に手洗いうがいができます。洗面台を2か所に設置したくない場合には、洗面ボールが2つついた洗面台にするだけでも、朝の洗面ラッシュが緩和できます。
  • ランドリースペース 洗面所、又は浴室内に洗濯物が干せるスペースと乾燥機能があると、雨の日や花粉が飛ぶ季節に室内干しができます。
  • タッチレス水栓 キッチンの水栓をタッチレスにすると、節水にもなり、調理中に手を洗う時にも水栓が汚れません。
  • 全自動掃除トイレ トイレには自動開閉や温水シャワーなど、実に様々な機能がついています。その中で、汚れが付きにくい機能、自動的に洗浄される機能はトイレ掃除が楽になり、常に清潔なトイレを維持できます。
  • バルコニーの屋根 雨の日でも風がなく、小降りなら洗濯物が濡れません。出がけに洗濯物を干していくかどうか迷った時にも、干して出かけられます。

つけなくてもよかったオプション

  • ミストシャワーや浴室テレビ 毎日使う場所であり、1日の疲れを癒す場所だからと考えて、浴室にたくさんのオプションをつけたけれど、使っていない、無駄だったと多くの人が感じている項目の一つがミストシャワーや浴室テレビです。その他にもサウナ機能、ジャグジー機能などは、優先順位の低い項目です。
  • 2か所目のバルコニー 洗濯物と布団を干すことを考えて2か所にバルコニーをつけても、ほとんどの場合1か所のバルコニーしか使わず無駄になったというようなケースがあります。家族構成によって洗濯物の量は違ってきます。洗濯物が少なければ必要ないかもしれませんが、反対に1か所のバルコニーには野菜のプランターが置けるのでつけてよかったというお宅もあります。

同じオプションでも、家族構成やライフスタイルによって役立つオプションと無駄になってしまうオプションがあります。暮らし始めてからのことを十分に考え、有効なオプションを選び、快適な生活をご実現ください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら