注文住宅の窓 高級注文住宅の窓の役割とは?

新築時に窓を考える時には、窓のデザインに気持ちが惹かれてしまいがちですが、窓選びに大切なポイントはデザインだけではありません。窓には住宅の性能を高める働き、室内環境、居住環境を調える働き、そして住宅の外観をより洗練されたデザインにする役割があるからです。住宅の質を高める窓を選ぶ為に、窓の具体的な働きについて確認していきましょう。

住宅性能と窓の関係

窓が関係する住宅性能にはどんなものがあるでしょうか?

断熱性
断熱性とは、屋根、壁、床、窓などの家の外側を包む部分から、熱の出入りを抑える性能です。夏には、太陽の直射熱を室内に取り込まず、エアコンで冷やした空気を逃がさない、冬には外の冷気を取り込まず、暖房器具からの暖かい空気を逃がさない働きです。断熱性が高ければ高いほど、少しの冷暖房で、室内の快適な温度を維持することができます。

住宅の外側を包む部分、外気に直接触れる部分のうち、屋根、壁、床には断熱材が組み込まれています。その為、それほど多くの熱の出入りはありません。しかし、窓はガラスが薄い為、冬には室内の熱が半分以上逃げていき、夏には太陽の直射熱が7割以上窓から侵入してくるのです。

したがって、どんなにグレードの高い断熱材を屋根や壁、床に使っても、窓の断熱性能が低ければ、季節ごとの温度変化に適切に対応する家は実現しません。夏暑く、冬寒い家では、生活の質が低下し、快適ではないばかりか、冷暖房にかかる費用も嵩んでしまいます。断熱性の高い家は、結露も発生しません。その為、熱の出入りが最も多いの窓の断熱は非常に大切です。断熱性能の高い複層ガラス、二重窓などを取り入れることで、家の断熱性を高められます。

気密性
窓の断熱性を高める為には、ガラスの種類や枚数が影響しますが、気密性には窓の開閉方法とサッシが大きく影響します。日本の住宅で最も多い窓の開閉方法は引き違い窓です。引き違い窓が全く使われていない住宅はほとんどありません。引き違い窓は、横に滑らせるので、室内にも室外にも差し障りを与えず開閉できるので非常に便利です。しかし、気密性という面から考えると、それほど高い性能を持っているわけではありません。なぜなら、横にすべらせるために、サッシに戸車がついているからです。

その点、上下に動かして開閉する上げ下げ窓の方が気密性は高いのですが、引き違い窓ほど大きく開け放つことはできません。また、ベランダや庭に面している居室であっても、出入りができません。その為、ベランダや庭に面した居室には多くの場合、ベランダや庭への出入りができる引き違いの掃き出し窓を設置することになります。窓の断熱性を低下させず、リビングの室内環境を快適に維持する為には、気密性を高める為の構造をした樹脂サッシや木製サッシが必要です。

気密性の高い窓には、北欧で多く使われているドレーキップ窓があります。おしゃれな雰囲気なので人気が高まっている窓です。縦に傾けて内側に倒す+内側に向かって横に大きく開くという2つの開け方ができる窓です。ハンドルを下ろす時に圧力がかかって窓枠とサッシが密着することに加えて、サッシは熱伝導率の低い木材で作られていることが多いので、気密性だけではなく断熱性にも優れています。内倒しにしておくと、小雨が入り込んだり、泥棒が侵入したりする心配なく、常時換気や通風ができます。

室内環境と窓の関係

健康を守る
日当たりと風通しは私たちの生活にとって欠かせない要素です。日中でも照明をつけなくては暮らせないような陽当りの悪い家、風が通らず、空気がとど凝ってしまうような家では、快適な居住環境を実現することはできません。そのような居住環境の劣悪さは、心と身体の健康に悪影響を与えます。家の向きと窓の種類と大きさ、位置関係によって、家の中の日当たりと風通しは大きく変わります。

プライバシーを守る
窓には、室内に外の景観を取りいれるという働きがある一方、外部からの視線を侵入させてしまうという問題点があります。陽当りと風通しだけを考えて窓をつけてしまうと、外部からの視線が気になり、窓を開けられない、ブラインドやカーテンを閉めたままという生活になりかねません。そのような状況にならない為には、周辺の環境を十分に考慮して窓の位置を決める必要があります。

公園に面している、道路に面しているというような場合は、周辺の環境が大きく変わることは少ないでしょう。しかし、駐車場に面している場合、その場所に住宅が建つかもしれません。また、隣家が古い平屋であった場合、建て替えで2階建て、3階建てになるかもしれません。

家は少なくとも数十年、質の良い住宅であれば、子や孫の代まで住み続けられる場所です。その為、隣家との距離など、現在の周辺の状況だけではなく、近い将来変わるかもしれない状況も見越して窓の位置と大きさ、形状を決めなくてはなりません。

住宅の外観と窓の関係

住宅の外観は、住宅全体のフォルム、屋根や壁の建材の質感と色、ドア、窓などで形づくられています。そして、窓の形状、大きさ、位置、ガラスの種類は、家の印象に大きな影響を与えます。大開口がある、窓の数が多いというような家には、明るく開放的な印象、縦に細長い窓が並んでいる家にはモダンな印象など、窓は様々な家の雰囲気を演出します。

洗練された外観の家にする為には、住宅全体のフォルムや建材の質感にあった窓の形状、ガラスの種類、大きさ、位置を選ぶことが大切です。

窓の選び方で暮らしが変わる

それぞれの居室、浴室やトイレ、廊下、玄関、階段に設置する窓によって、暮らしやすさは大きく変わります。窓の性能は家の中の環境を調え、窓の形状と位置は、家の外観をより良くします。

しかし、窓の位置や形状選びに失敗すると、暮らしやすさは低下してしまいます。窓の位置選びに失敗しないように、失敗例を確認しておきましょう。

窓を多くつけ過ぎてしまった
室内に窓が2か所なければ、風が通りません。しかし、窓の面積が大きすぎると、家具の配置に困ることがあります。

例えば寝室に大きめの腰高窓が2面についている場合、窓とドアの位置によっては、ベッドの枕元、又は足元に窓が面してしまうことがあります。ベッドの枕元や足元に窓があれば、冬は寒く、夏は朝日が顔を直撃するというようなことにもなりかねません。また、リビングを明るくする為に、掃き出し窓を多めに設置してしまうと、壁際に置くタイプの家具が使えなくなることもあります。

それぞれの居室の使用目的を考えると、設置する家具もある程度決まってきます。窓の位置と設置する予定の家具との位置関係を考えておくことも必要です。

昼間でも暗く、風通しの悪い玄関になってしまった
玄関に窓をつけないと、暗くじめじめした印象の玄関になってしまいます。昼から照明をつけなくてはならず、梅雨時には靴のニオイがこもってしまうこともあります。玄関にも窓があることが理想ですが、間取り的に玄関に窓がつけられない場合は、採光、採風のできる玄関ドアを取り入れるなどの工夫が必要です。

掃除がしにくい位置に窓をつけてしまった
吹き抜けや階段の踊り場につける窓は、高い位置につけることがあります。窓は日常的に開け閉めをしたり、掃除をしたりする場所ですから、使いやすい位置に設置したいものです。

窓が2か所あるのに風が通らなかった
引き違い窓は大きく開けられるので風が取り込める窓ですが、家の周辺の状況と風向きによっては、家の外側を通り抜ける風が入ってこないことがあります。そのような場合には、外に向かって横に開閉する縦滑り窓を採用すると、風通しがよくなります。外側にあけ放った窓が、家の外を通り抜けてしまう風をキャッチして、室内に送り込んでくれるからです。

家の間取りを考える時にも、家の外観を考えるに時、窓の位置と大きさ、形状はとても重要です。窓の機能性は暮らしを変え、窓のデザインは住宅の印象を変えます。素敵な窓を選んで、快適な暮らしをお楽しみください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら