注文住宅の注意点から考える高級注文住宅の建築プラン

家族一人一人にとって居心地の良い家、暮らしやすい家を建てる為には、費用をつぎ込めばよい訳ではありません。その家に住むことを幸せに感じられる家を実現する為に必要なことを考えてみましょう。

依頼先はどうする?

自分の家を手に入れる方法には、すでに建築されている住宅を購入する方法と、注文住宅を建築する方法があります。注文住宅の中には、規格型注文住宅と、完全な注文住宅があります。ハウスメーカーが建てるセミオーダータイプの規格型注文住宅の中には、グレードの高いタイプもあります。モデルハウスが用意されているので、完成時の様子を知ることができ、具体的なイメージをつかみやすいというメリットがあります。ただし、あくまでも規格内での注文住宅なので、建材や外観デザイン、間取りには制限があります。さらに、モデルハウスやテレビコマーシャルなどの広告宣伝費に莫大な費用をかけているので、建築費は割高です。

完全な注文住宅にしたい場合には、設計事務所、又は工務店に依頼します。設計事務所は設計を行い、建築費は工務店に依頼します。希望に沿った家が完成しますが、家が完成するまでの期間が長い、総合的な費用は割高になるといった難点があります。

工務店には、ハウスメーカーのフランチャイズの工務店と、完全な注文住宅を建築する工務店、高級注文住宅に特化した工務店があります。高級注文住宅に特化した工務店とは、外観も間取りも全て依頼主の家族構成や生活スタイル、好みに合わせた注文住宅を建築する会社です。

家作り成功のポイントは、断熱性や気密性などの暮らしやすい室内環境を調えられる住宅の性能、地震や犯罪被害など暮らしを脅かす事柄に対する安全性、日常生活をストレスなく過ごせ、ライフスタイルの変化にも対応できる間取り、孫の代まで良いコンデイションを維持できる構造など、数々あります。そして、それらのポイントを全てクリアできるかどうかは、施工を依頼する会社にかかっています。

家電や衣服などの買い物をする時には、完成品を確認して購入することができます。しかも、購入後、失敗したと感じても人生設計にかかわるほどのことにはならないでしょう。しかし、家を建てることに失敗してしまえば、日常生活が根底から覆ってしまいます。家が完成した時に、必ず満足する為には、依頼先選びが非常に重要です。

地域密着型で信頼の厚いことや、適正な価格であることは大切ですが、なかなか実情はわかりません。日常的な会話の中で、良質な食品を扱っている店や、おしゃれな服が揃っている店の話題は出ても、建築会社の話はなかなか出てこないからです。その結果、モデルハウスを持ち、テレビコマーシャルを流しているハウスメーカーで家を建てる人が多くいるのでしょう。

もし、セミオーダーではない純粋な高級注文住宅を望むのであれば、依頼先の会社探しが重要な課題です。近隣の住宅会社を回ってみる、完成見学会や構造見学会などがおこなわれていれば参加するなど、自分の足で情報収取することが大切です。工務店にはそれぞれ得意分野があります。見た目は地味だが質実剛健な家を得意とする工務店、洗練された外見にこだわる工務店など様々です。

工務店の得意とする分野が自分たちの理想の家に近いということも選択ポイントの一つです。モデルハウスを持たない工務店では、過去に施工した家を見せてもらうこともできます。過去に施工した家を見学することで、どんな家を得意とする工務店なのかということが把握できます。

打ち合わせまでに準備したいこと

注文住宅は規格型住宅と違い、施工を依頼した工務店にすべてを任せるのではなく、一緒に作り上げていくというスタンスが大切です。始めの打ち合わせでは、自分たちが求めている理想の家を依頼先に伝えなくてはなりません。

断熱性、耐震性など、家の性能に求める高さ、家族のライフスタイルに合った間取り、外観のデザインといったことに対する希望です。予算内ですべての希望を叶えるためには、あらかじめ住宅に必要な性能について勉強する、理想のイメージに近い外観の家の写真やイラストを探す、実際に暮らし始めた時の家事動線や生活動線を思い描いて間取りに対する要望をまとめるなどの準備が必要です。

特に、イメージをつかみやすい外観や間取りと違い、家の性能は予備知識がないと理解しにくい部分です。地震や台風に対する強度、季節ごとの温度変化への対応力など、具体的に暮らしにどの性能が、どのような影響を与えるのかを知っておくことが大切です。

そして施工業者との話し合いは、自分たちの希望が相手に十分に伝わり、自分たちが納得できる提案をもらうまで、何度繰り返す必要があります。また、打ち合わせでは、自分たちが出した希望に対する専門家からの的確な意見を聞くことができます。そのアドバイスを基に、より良いプランへと作成が進みます。

ある程度の予備知識があれば、説明を理解しやすく、話の中で分からない点も明確になり、質問ができます。よくわからないから丸投げしてしまうというような依頼の仕方では、せっかくの注文住宅の良さが失われてしまいます。

間取りの注意点

間取りを考える上で最も大切なことは、実際に暮らし始めた時にどのような生活になるかということを考えることです。インテリア雑誌や住宅のパンフレット、テレビコマーシャルなどからのイメージをそのまま、自分たちの家の間取りに取り入れてしまうと、暮らしにくい家になってしまうこともあるからです。

例えば、人気の高い吹抜けやリビング階段を取り入れた場合、冷暖房の効率は落ちないのか、リビングに来客中には他の家族が玄関から出入りしにくくはないのか、調理のニオイは2階にまで広がってしまわないのかといったことも考えてみる必要があります。

また、キッチンは独立した方が良いのか、対面型にしてダイニングと繋げる方が良いのかということや、トイレや洗面台はいくつ必要なのか、収納スペースはどこにどんなタイプの物を設置するべきかなど、すべてにおいて家具を配置した時のイメージを思い浮かべながら、家族の生活と重ね合わせてみることが重要です。

来客の多い家族とほとんどない家族、子育て中の家族と子供たちがすでに成人している家族、一世帯で暮らす家族と、三世代が同居する家族、子供の数、働き手の仕事の時間帯など、家族構成とライフスタイルのよって、暮らしやすい間取りは変わってきます。

また、長い目で考えた時に、可変性のある間取りであることも必要です。今子育て中であれば、子供が成長し、独立していった後、又は子供夫婦と一緒に暮らすことになった時、高齢になり、バリアフリーにする時などに、簡単に新しい暮らしに対応する間取りに変えられることが長期間に渡って住み続けられる家の条件として求められます。

家は長く住む場所です。三世代に渡ってよいコンデイションを維持できる家、可変性のある間取りの家であれば、夫婦にとっては終の棲家となり、子や孫にとっては、住宅ローンに追われず住める家が実現します。海外では日本のように一世代ごとに家を建てる国は少なく、子は親の建てた家を受け継いで住み続けます。

日本においても、戦後から今まで続いてきたビルトアンドスクラップのような住宅ではなく、本当に質の良い住宅、子や孫の代まで住み続けられる家を求める人が増えてきました。せっかくの注文住宅です。予備知識をしっかり持って、良い施工会社を選び、家族全員が長きにわたって幸せに暮らせる家をお建てください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら