高級注文住宅の依頼先は設計事務所?ハウスメーカー?工務店?

家づくりの計画が具体的になってくると、設計、施工を依頼する会社選びをしなくてはなりません。自分の家を持つ為には、すでに完成している住宅を購入する方法もあれば、全て自分たちの好みに合わせて建てる方法もあります。家を持つ方法とそれぞれの依頼先の特徴を確認していきましょう。

家を建てる方法

注文住宅
自分たちの好みに合わせて建てる注文住宅は、外観も間取りもすべて自分たちの希望に合わせて設計、建築されます。住宅全体の外観、窓やドアのタイプ、外壁、屋根などの外装、床や壁に使う内装、住宅設備機器のグレードなど、すべてにおいて好みの建材やデザインを選べます。世界に一つだけの外観を持ち、家族構成やライフスタイルに調和する家が完成します。

セミオーダーの注文住宅
規格の制限内から、好みに合わせて選んだ間取りや外観で建築されます。基本的な間取りや外観、建材などは決まっているので、自由度はそれほど高くありません。

規格住宅
外観、間取り、建材、住宅設備機器など全てが規格内で建築される住宅です。

建売住宅
すでに完成している土地付きの住宅です。

家の建築を依頼する会社の種類

設計事務所
設計事務所は、設計と施工管理だけをする会社です。設計士は、家族の希望に合わせた家を実現する為にプランを出します。そして、そのプランを基にして、依頼主と時間をかけて話し合いをしながら、設計を進めていきます。その為、注文住宅の中でも、家の完成まで最も長い期間を要しますが、希望に沿った家が完成します。

ただし、設計士にはいろいろなタイプの設計士がいます。依頼主のこだわりよりも、自分の家に対するこだわりを主張してくるタイプの設計士から、依頼主の希望にとことん専念するタイプの設計士、暮しやすさに重点を置く設計士、インテリア性に重点を置く設計士、有名な設計士、地道な設計士まで千差万別です。

自分達の希望をじっくり聞いてくれるとともに、専門家としての的確なアドバイスをしてくれる設計士、見た目の良さとともに暮らしやすさも十分に考えて設計してくれる設計士との出会いが、設計事務所に依頼する家づくりを成功させるポイントです。

設計が決まった後は、依頼主と設計士が話し合って工務店を選び、実際の施工を依頼します。工務店が施工し、設計士が施工管理するという二人三脚で建築が進められるので、住宅を取得する費用には、建築費の他に設計料や監理料が加算されます。従って、住宅取得にかかる費用は他の依頼先よりも嵩みます。

もう一つ押さえておかなくてはならないことは、見積もり費用があまりあてにならないということです。工務店に依頼した場合は、施工にかかる費用が直接見積もりに繋がりますが、設計事務所の場合は、設計をするだけだからです。その為、予算内で希望の家にする為の調整の話し合いにも時間がかかります。話し合いの時間がかかるがゆえに、土地も購入した場合、土地の購入から、施工を始めるまでの期間も長くなります。その結果、住宅ローンの審査が難しくなる恐れもあります。

 

ハウスメーカー
テレビやインターネットの広告で、多くの人に知名度の高い依頼先がハウスメーカーです。規格住宅、規格住宅を基にしたセミオーダーの注文住宅のほとんどは、ハウスメーカーの住宅です。自社工場や関連企業で新築住宅に必要な資材を揃えているので、完全な注文住宅よりはコストが抑えられています。しかしその反面、広告やモデルルームにかかる莫大な費用が住宅の建築費に上乗せされていることも否めません。

時流に乗った外観や間取りであることに加えて、モデルハウスで完成した住宅を見ることができるので、完成した住宅に対する安心感があります。建築の専門家ではない人間にとって、図面上の間取りから、具体的な生活感を想像することは難しいからです。

また、住宅ローンの手続きのサポートをしてくれるので、銀行との慣れない取引の煩雑さが少なくなるありがたさがあります。

広い区画に建てられた多くの規格住宅は、おしゃれな雰囲気があり、セミオーダーであれば、ドアのデザイン、窓の位置など部分的に少しずつ違うデザインになっています。しかし、家族のライフスタイルに完璧に調和している間取りを求める人や、外観にこだわりのある人にとっては、物足りない家であるかもしれません。

工務店
設計と施工を行う建築会社が工務店です。設計、資材調達、建築をすべて自社でこなす工務店と、ハウスメーカーのフランチャイズの工務店があります。ハウスメーカーのフランチャイズ店とは、特定のハウスメーカーと契約している工務店のことです。契約しているハウスメーカーが土地付きで販売している規格住宅やセミオーダーの注文住宅を、ハウスメーカーより抑えた価格で建築します。

すべて自社でこなす工務店には、規格住宅にはない自由度の高い家を建築する工務店、デザイン性が高く、高級嗜好の家を建築する工務店、地味な外観で堅実な家を建築する工務店など、得意とする方向性の異なる様々な工務店があります。

工務店選びのポイントは、自分達の好みと、工務店が得意とする建築の方向が同じであることです。工務店は大手ハウスメーカーのように、常時内覧できるモデルハウスはもっていません。そしてハウスメーカーと違って、工務店全般には、建築する家の統一性がありません。したがって、工務店選びが非常に重要なのです。

工務店では、完成した家の見学会や、構造見学会をすることがあるので、近くの工務店での見学会があれば、ぜひ見学してみましょう。見学会が催されていな時期には、建築した家や施工中の家を見学させてもらえます。

工務店はフランチャイズタイプ、独立タイプのどちらのタイプであっても、地元密着型であることの安心感があります。地元密着型の工務店であれば、家が完成して暮らし始めた後も、お付き合いを続けられるからです。家はどんなに高性能な家であっても良い状態を維持する為にはメンテナンスが必要です。地元の工務店であれば、定期的な点検や補修などの度に、異なった業者に依頼することなく、家を建築してもらった工務店に依頼できます。建築した工務店は、設計図を保存しているので、点検や補修が効率よく行えます。

その他、設計事務所と比較すると、依頼から家の完成までの期間が短縮できるので、仮住まいの費用が抑えられる、ハウスメーカーに比べると広告宣伝費に莫大な費用をかけていない分、建築費が抑えられているという経済性の良さもあります。

家は長年住まう場所です。ご夫婦にとっては終の棲家、子や孫にとっては住宅ローンを支払うことなく住める家です。理想的な依頼先と出会えれば、毎日の暮らしやすさはもちろんのこと、長く住まう間におこる様々なライフスタイルの変化に対応する家、良いコンデイションを維持できる家を手に入れられます。しかし、依頼先探しに失敗すれば、何世代にも渡って良い状態を維持する家は建てられないかもしれません。

家を建てることを考え始めたら、とにかく情報収集を始めましょう。テレビで見る大手ハウスメーカーのコマーシャルイメージだけで決めるのではなく、実際にいろいろな家を見ることが大切です。

納得できる依頼先と出会い、満足できる家を実現させ、新居での素敵な暮らしをお楽しみください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

 

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら