高級注文住宅の階段を考える

階段のスタイルは、インテリアに大きな影響を与えます。そして、それと同時に使いやすさ、安全性も変わってきます。また、階段の位置によって、家全体の間取りと家族の生活動線が変わってくるので、暮しやすさにも影響を与えます。

インテリア性が高く、暮らしやすい間取りの家にする階段とはどのような階段なのでしょうか?

階段のスタイル

階段には様々なスタイルがあります。それぞれの階段の特徴を確認しておきましょう。

踊り場の有無と曲がり方

  • 直線階段 踊り場のない階段です。勾配の緩やかな直線階段は、床面積に余裕が必要ですが、上り下りしやすい階段です。急勾配の直線階段は、床面積を節約できますが、一気に下の階まで転げ落ちる転落事故のリスクがあります。
  • カーブ階段 踊り場がなく、緩やかなカーブを描く階段です。踏板の幅が広く、奥行きも確保されていれば、螺旋階段よりは使いやすい階段です。
  • 螺旋階段 踊り場がなく、らせん状を描く階段です。小さな子供や高齢者には使いにくい階段です。また、階段の幅によっては、家具や家電の搬入や搬出が困難になることがあります。
  • 折れ階段 階段の途中にある踊り場からL字型に折れる階段です。方形の踊り場がある折れ階段は安全性が高く、三角形の踊り場のある階段は踏み外しのリスクがある折れ階段です。
  • 折り返し階段 階段の途中にある踊り場を挟んで、コノ字型に折れる階段です。転落や踏み外しのリスクが低く、階段の中で最も安全に使える階段です。

階段の形状

  • 箱型階段 足をのせる踏板、踏板と踏板の間の奥にある蹴込板、階段の側面にある側桁で構成された箱を斜めに積み上げたような階段です。最も一般的な階段で、多くの住宅で使われています。階段下を収納や、ペットのトイレスペースなどに有効利用できます。
  • スケルトン階段 踏板だけの階段です。蹴込板がないので、採光や採風を遮らないことに加えて、空間を開放的に見せるという良さがあります。しかし、小さな子供がいるご家庭では、踏み込み板がないので、隙間から転落する恐れがあります。その他にも、実際にスケルトン階段を自宅に導入した人からは、隙間から物を落としてしまった、スカートをはいている時に階下に人がいると視線が気になるなどの声も聞かれます。

階段に使われる建材

階段のデザインとともにインテリア性に影響するのは階段に使われる建材です。

無垢材や集成材などで作られる木の階段が一般的ですが、スチールやアルミなどの金属系の建材を使った階段も増えてきています。また、踏板には木材、手すりには金属というように、異なった建材を組み合わせることもあります。

階段の位置

階段の位置は、床面積に占める割合と間取り、室内の印象、家族の生活動線、家事動線に関わります。

玄関の近くの壁に沿って配置
空間を無駄なく使え、1階のリビングや2階の寝室、子供部屋のどこにも干渉しません。階段下は収納スペースとして使えます。その他にも、帰宅時に子供たちが手洗いとうがいができ、お客様に使っていただきやすい洗面台を設置するケースや、ペットのトイレを設置するなどのケースもあります。

この間取りの動線は、子供が親と顔を合わせなくても玄関からの出入りを可能にしてしまいます。その為、家族のコミュニケーションが薄くなる恐れがあると考え、避ける家族が増えてきています。しかし、リビングを横切ることなく階段が使えるので、お客様があっても、気を使わないで済むという考え方もできます。

リビング内の壁に沿って配置
この配置は、玄関との関係によって使い勝手が変わってきます。玄関に近い壁に設置すれば、移動しやすい階段になります。反対に玄関から遠い奥の壁に設置すると、室内が落ち着いた雰囲気になりますが、リビングを横切らなければ玄関から階段に行けない間取りになってしまいます。奥側の壁に配置する場合は、家具の配置に工夫が必要です。

リビングの中央に設置
ここ数年は、リビングを家の中心にする間取りが増えてきました。そのリビングの中央につけるリビング階段と吹き抜けの組み合わせは、インテリア性が高いので人気です。家族がリビングを通らないとそれぞれの居室に行けないので、家族の自然な触れ合いが増えることも、多くの人に好まれる理由の一つです。

リビングとダイニングの間に設置
スケルトン階段をリビングとダイニングの間に設置すると、緩い仕切りができます。家族にとっては、食後をリビングでよりゆったり過ごせる配置、主婦にとっては、お客様がいらしたときには、生活感のあるキッチンがお客様の視野に入りにくくなるので気が楽な配置です。

階段と吹き抜けの組み合わせの注意点

階段と吹き抜けの組み合わせのリビング階段は2階と1階の空間がつながる為に、様々な問題が発生します。リビングの音が2階に響きやすいので、子供が寝た後に帰宅した父親は物音に気をつけなくてはならない、反対にお客様がいらしている時には、子供部屋からの声が気になる、調理のニオイが2階にまで上がってしまうというような問題です。また、空間が広がるので、高断熱の家でなければ、冷暖房の効率が悪くなり、電気代やガス台が嵩むということも問題点としてあげられます。

吹き抜けと組み合わせないリビング階段の場合は、階段上にドアをつけるという方法で、音やニオイを抑えることができます。しかし、吹き抜けと組み合わせたリビング階段の場合は、階段上にドアをつけても意味がありません。ただ、床面積の余裕があれば、1階の階段の手前に見通しの良いガラスなどの引き戸を設置しておくという方法も取れます。

生涯安全に使う為に必要なこと

家は長く住む場所です。現在の使いやすさ、インテリア性の高さはもちろん大事ですが、将来高齢になった時にも安心して使える階段についても考えておく必要があります。

手すり
階段の手すりは建築基準法で設置が定められています。すぐに使う必要がないことから、見た目にはこだわるものの、手すりの使いやすさにはこだわらない方が多いようです。その為、踊り場の部分、階段が折れる部分は、途切れている手すりを多く見かけます。しかし、実際に手すりを使う年齢になった時には、途切れている手すりは使いにくく、危険でもあります。移動しながらでも握りやすい形状と手触りの建材を選びましょう。また、階段の上下の端でぴったりと終わらせるのではなく、水平に20センチ程度伸ばしておくと、より安全です。


吹き抜けと組み合わせたスケルトン階段などは別として、一般的な階段は、昼間でも薄暗い階段が多くあります。階段の踊り場や、階段の突き当りに窓をつけると、明るい階段にできます。玄関と階段の位置関係によっては、玄関も明るくできます。

照明
天井から吊り下げるペンダントライトは、デザインが豊富で、インテリア性の向上に効果的ですが、お掃除がしにくいという面があります。

壁に設置するブランケットタイプは、高い位置にも低い位置にも、またコーナーにも間取りに合わせて設置でき、上下に灯りが届くので便利です。壁や階段に使っている建材の質感や色調に合わせたブランケットライトを選ぶと、落ち着いた品の良い階段になります。

夜間、階段を安全に使う為には、人感センサー付きのフットライトがあると安全です。箱階段であれば、数段置きに踏み込み板に設置することもできます。

階段によって、家の暮らしやすさも、インテリア性も大きく変わります。見た目のイメージだけで選ぶのではなく、家族のライフスタイルに合った階段、高齢になっても安全に使える階段を設置して、快適性が持続する家にしましょう。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら