理想の人生設計を実現させる高級注文住宅


家づくりを考え始めるきっかけは、結婚や出産、子供の就学など、人生の転機が決まった時という方が多いのではないでしょうか?そして、家を建てる為の準備を始められるのだと思います。

人生の中のどのタイミングで家づくりを始めるかは人それぞれですが、家づくりの計画を立てる時に、始めに考えたいことは人生設計です。家は長年に渡って住み続ける家族の場所なので、何度もライフスタイルの変化が訪れるからです。どのようなライフスタイルの変化があった時にも、柔軟に対応できる家であり、常に暮らしやすい家であることが、人生設計を実現させる家です。

結婚を機に家づくりを始めるご夫婦にとっては、夫婦だけで暮らしていくという選択肢と、子供のいる家庭にするという選択肢があります。子供の就学を機に家づくりを始める家族にとっては、遠い将来、子供たちが独立した後、夫婦だけで暮らしていくという選択肢と、子供夫婦と一緒に暮らすという選択肢があります。その選択肢にあった家を建てることが、自分達が理想とする人生の過ごし方に最もあう家を建てるポイントです。

ライフスタイルの変化に柔軟に対応する間取りの考え方

子育て中の家族の生活の中心は子供です。子供の成長とともに、家族の暮らし方も変わっていきます。就学前の子供は、ほとんどの時間を母親とともに過ごします。したがって、子供が母親の見守りを必要としなくなる小学校高学年になるまでの期間には、常に子供を見守りやすい環境が必要です。

子供が中学生、高校生になると、勉強道具が増え、衣類も小さなころよりも嵩張るようになります。そして、自分の時間を持ちたいと考えるようになり、子供部屋が必要になります。下の子供が成長すれば、子供部屋を増やさなくてはならないかもしれません。

さらに子供が成長して、大学を卒業し、働き始めて独立していけば、子供部屋は必要なくなります。そのように考えると、子供部屋が有効に利用される期間は、僅か約6年間から10年間程度です。ご夫婦が家を建てて子供と一緒に暮らす期間よりも、子供が独立してからの期間の方が長いということになります。

今から建てる家を夫婦の終の棲家にしたいと思えば、子供の独立後、子供部屋を夫婦が有効に使え、高齢になっても困らないバリアフリーにできる間取りが必要です。反対に、結婚した子供夫婦と一緒に暮らすのであれば、二世帯住宅にリフォームしやすい間取りが必要です。

常に暮らしやすい家であり続けるための考え方

家族にはそれぞれの家族の価値観があります。家族がいつも一緒にいて賑やかに過ごすことを大切にする家族もあれば、一人一人のプライバシーが尊重できることを大切に思う家族もあります。その価値観にあった暮らし方を実現できる家にすることが、暮らしやすい家を作ります。
暮らしやすい家にする為の間取りの条件を考えてみましょう。

使い勝手の良いキッチン
主婦にとって家事労働の負担が少なく、効率よく家事がこなせるキッチンが理想です。キッチンの効率の良さはキッチンのレイアウトによって変わってきます。キッチンのレイアウトには様々なタイプがあり、キッチンで調理をする人数、配膳などのお手伝いをする人数、調理をする内容、ダイニングとの位置関係など、様々な要因によって使いやすさが変わってきます。

母親一人が調理をし、子供たちが配膳のお手伝いをする家庭と、夫婦で一緒に調理をする家庭、共働きで家では簡単な調理しかしない家庭では、キッチンの使い方が異なります。また、ダイニング、リビングと繋がっているキッチンと、ダイニングとだけつながっていて、リビングとは仕切られているキッチン、さらに独立したキッチンなど、ダイニングやリビングとの位置関係もキッチンの使い勝手に影響します。

自分たち家族のキッチン、ダイニングの使い方、来客の頻度を考慮して、レイアウトを決めることが大切です。また、家族の多い家庭では、勝手口のそばにパントリーを設けると、食料品が十分に収納できます。その際には、敷地の入り口から勝手口までの動線も重要です。食料の買い出しを車でする家庭も、自転車でする家庭も、食料品を家に効率よく運び込む経路を考えておかなくてはなりません。

家族がストレスなく使える水回り
浴室、洗面所、トイレなどの毎日使う場所への移動がストレスなくできる生活動線が確保されている間取り、家族の誰かが洗面所を使っていても入浴できる洗面所と浴室の並べ方、朝、洗面所やトイレがラッシュにならない洗面台やトイレの数など、家族の人数や、生活の時間帯に合った間取りが必要です。

来客に対応しやすい間取り
来客の多い家庭では、キッチン、浴室、洗面、トイレなどの家族の生活に必要な場所と、来客がぶつからない間取りが必要です。他の家族の生活動線上に、来客のいるリビングがあると、来客がある時はキッチンに飲み物を取りに行ったり、トイレに行ったりしにくいという問題が起こりやすいからです。

さらに、洗濯機を置いてある洗面所、リビングとダイニングキッチンがつながっていて、丸見えになるレイアウトのキッチンは、生活感が出てしまうことがあります。来客が使えるサブ洗面所を作る、リビングとの関係性を考えたキッチンのレイアウトにするなどの工夫が必要です。

家族の自然な触れ合いを生むリビングを居心地よくする工夫

家族がいつも一緒にいて賑やかに過ごすことを大切にする家族だけではなく、一人一人のプライバシーが尊重できることを大切に思う家族にとっても、家族のふれあいは大切です。

そしてリビングは、家族のくつろぎの場、団欒の場であり、子供が小さいうちは1日のほとんどを過ごす場所でもあります。
そんなリビングを家の中心の間取りにする場合、家族が集まりやすい間取り、リビングが散らからない間取り、家事動線を邪魔しない間取りにする工夫が必要です。

玄関とリビングの間、又はリビングに収納スペースがあれば、帰宅した際に、靴だけではなく、上着やバッグなどをしまってからリビングで寛ぐ習慣ができます。また、洗濯機のある場所と洗濯物を干す場所への移動の線上にリビングがある場合、家具の配置の工夫が必要です。

子供部屋と階段
小さなうちは寝る時だけ、子供が独立すれば使わなくなる子供部屋は、独立後に夫婦が使うことを想定した間取りにしておくと、大掛かりなリフォームなしに有効に使えます。

例えば、子供部屋と夫婦の寝室の間を共通のウォークスルークローゼットにしておき、子供の独立後は、夫婦それぞれの寝室にする、2つの子供部屋を繋げて、書斎や趣味のアトリエにするなど、自分達の暮らしあう使い方に変えやすいような間取りにしておくのです。

それと同時に、高齢になった時に、安全に楽に上り下りできる階段にしておくことも大切です。家の中での事故が最も多い場所は浴室ですが、その次は階段です。階段の寸法は法律上の決まりがあり、自由に変えることはできませんが、決まりの中で、緩やかで安全な階段は実現できます。緩やかな勾配の折り返し階段は、安全性の高い階段です。子供が小さいうちも昇り降りのしやすい階段は、子供の安全を守ります。

たいていの家庭では、2階の最も日当たりの良い部屋を子供部屋にあてるものです。しかし、せっかくの条件の良い部屋でありながら、子供が独立後は物置になっているという家庭も少なくありません。高齢になっても安全に上り下りができる階段があれば、2階の子供部屋を子供の独立後にも有効に使えます。

家は長く住まう場所です。そしてせっかくの注文住宅です。今の暮らしやすさだけではなく、長く住む間におこるライフスタイルの変化に応じて、暮らしやすさを維持できる間取りの家をお建てください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら