高級注文住宅のサニタリースペース 使いやすい洗面所とトイレの間取り

【TOTO ドレーナ洗面台】

朝の身支度や帰宅時の手洗いうがいをする洗面所、1日の疲れを癒す入浴前後の支度をする脱衣所などのサニタリースペースは、毎日必ず使う場所です。清潔であることはもちろんですが、それに加えて、家族全員がストレスなく快適に使えることが大切です。使いやすいサニタリーは、基本的な生活の質を向上させます。快適な洗面所、脱衣所、トイレを作るポイントについて考えてみましょう。

バスルーム、洗面所、トイレの間取り

サニタリーの組み合わせ方、間取りによって使い勝手は変わります。家族構成やライフスタイルにあう組み合わせ方と間取りが、使い勝手の良いサニタリースペースを作り出します。サニタリーの組み合わせ方で問題になるのは、家族がかち合うと使いにくい、お客様に使っていただきにくいという二点です。具体的な組み合わせ方を確認しておきましょう。

独立タイプ

家族が多い家庭でも、お客様が多い家庭でも、ストレスなく使える組み合わせのサニタリーです。

浴室と脱衣所だけは一つの出入り口でつながり、洗面所とトイレにはそれぞれの出入り口があるタイプです。洗面所には廊下から直接入れる出入り口と、脱衣所と繋がる出入口があります。その為、家族の誰かが入浴していても、洗面所を使うことができます。また、家族の誰かが洗面所を使っていても、入浴をする人は、直接脱衣所に入ることができます。

脱衣所と洗面所を兼ねるタイプ

トイレだけが独立していて、浴室に繋がる洗面所は、脱衣所も兼ねるサニタリーで、一般的な住宅で最も多く採用されているタイプです。トイレ以外は出入り口が一つなので、家族の誰かが入浴中は、洗面所が使えない、反対に家族の誰かが洗面所にいる場合は、入浴できないという状況になってしまいます。夫婦だけの暮らしや、子供が小さいころには気になりませんが、子供が年頃になると、使いにくくなる恐れがあります。

脱衣所と洗面所を兼ね、トイレも一緒にまとめるタイプ

ひとつの出入り口で全てまとまっているサニタリーです。トイレがもう一つ別の場所にある、夫婦だけの暮らしで、お客様を迎えることはほとんどないというような家族であれば問題ありません。しかし、トイレがその場所にしかない、子供が複数いる、お客様が多い家族であれば、非常に使いにくいサニタリーになってしまいます。マンションなどではこのタイプが採用されている間取りも少なくありませんが、子供がいる家族では避けたい間取りです。

洗面所と脱衣所の広さ

INAXミズリア

洗面所と脱衣所に必要な広さは、洗面所と脱衣所の組み合わせ方と使い方によって変わってきます。

洗濯機を置く場合の使い方

脱衣所、又は洗面所に洗濯機を置く家庭は多いと思います。洗濯機を置く場合には、洗面、歯磨き、歯磨きと着替えの他に、洗濯という目的も含まれるので、その為のスペースも必要です。

洗面所には、家族の洗面用具やドライヤーなどの身支度を整える用品、タオルなどを収納できるスペースが必要です。脱衣所には、脱衣したものを置くスペース、下着やパジャマなどを収納するスペースが必要です。

そして、それらのスペースを確保した上で洗面、着替えなどがストレスなく行えるだけの広さがなくては、快適に洗面所、脱衣所を使えません。

さらに、家事負担を軽減する為には、洗濯に関する移動を少なくすることが大切です。洗濯機を置いている場所に、洗濯物を干すスペース、アイロンかけをするスペース、下着やパジャマを収納するスペースがあれば、洗う、干す、取り込んだ洗濯物にアイロンをかけてしまうという作業が1か所でできます。また、子育て中のお母さんにとっては、子供の入浴準備のため、下着やパジャマを子供部屋にとりに行くという手間が省けます。

洗面所と脱衣所を兼ねる場合は2畳、独立タイプの場合は洗濯機プラス脱衣所1,5畳、洗面所1畳が一般的です。しかし、使い勝手の良い洗面所、脱衣所にする為には、洗面所と脱衣所を兼ねている場合には、2,5畳、独立させる場合には、洗濯機プラス脱衣所2畳、洗面所1畳の広さが理想です。

もう一つの洗面所

脱衣室や洗面室に洗濯機を置く場合や、一般的な大きさにする場合には、もう一つの洗面台を作るという方法もあります。

玄関やトイレのそばに作ると、洗濯機が置いてある洗面所にお客様を通さずに、もう一つの洗面台を使っていただけます。玄関のそばであれば、帰宅した子供がすぐに手洗いうがいができるので、衛生管理にも役立ちます。玄関からリビングに直結という間取りが最近多くなっていますが、その結果、キッチンの流しで帰宅後の手洗い、うがいをするのは衛生的とは言えません。

玄関からリビング直結という間取りや、浴室が2階にある間取りには、玄関のそばの洗面台が便利です。その他、ダイニングに洗面台を取り付ける方法もあります。食事前の手洗い、食事後の歯磨きをわざわざ洗面室に行かずにできるので、子供が億劫がらなくなります。

家族の多い家庭では、朝、洗面ラッシュになりやすいので、洗面できる場所が2か所あると、ストレスなく朝の支度ができます。

洗面台と収納スペースのタイプ

洗面台にはシステム洗面台と造作洗面台があります。システム洗面台は、規格に沿って作られた洗面台で、収納部分も多く、機能的な洗面台です。システム洗面台には様々なグレードが用意されていて、驚くほど多機能な洗面台も数多くあります。

一方、造作洗面台は、洗面所の広さや窓の位置、家族構成と家族の好みに合わせて作る洗面台です。規格がないので、高さ、幅、洗面ボールや鏡のデザインなど、すべてにおいて自由に作れます。造り付けの棚など、収納スペースも部屋の条件に合わせて作れるので、デッドスペースが生まれません。後置き型の収納チェストでできる隙間や、洗濯機の上の空間などのデッドスペースは、見た目も悪く、収納できる空間を無駄にすることにもなってしまいます。

費用はシステム洗面台より造作洗面台の方が嵩んでしまいますが、好みに合わせたデザイン性の高い洗面所が作れます。もちろん、注文住宅の場合は、システム洗面台+造作収納スペースという選択肢もあります。機能面を優先するのであれば、システム洗面台と造作収納、デザイン性にこだわるのであれば、造作洗面台というように、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

快適なトイレを作るポイント

【TOTOレストパル】

トイレを快適に使う為には、使いたい時にいつでも使えることが大切です。使いたい時にいつでも使う為には、他の家族とかち合わないこと、お客様がいても入りやすいことなど、どんなシチュエーションでも使えることが必要です。

トイレはいくつ必要?

洗面所と同じく、トイレも家族構成によって必要な数が変わります。

  • 朝のラッシュ

両親と子供が二人という家族構成であっても、両親が共働きであれば、朝は全員同じような時間帯に出かけるので、トイレラッシュになります。反対に、朝出かけるのはお父さんだけという家族や、全員出かけるが、時間帯がそれぞれずれている家族では、トイレは混みあいません。家を建てる時点で、子供達が就学前であれば、トイレが2つは必要ないと感じるかもしれませんが、子供たちが成長した時のことを考えると、2つあった方が便利です。

  • 夜中のトイレ

夫婦の両親が同居する予定で、2階に寝室を作る予定であれば、2階にトイレがあった方が便利です。また、子供がまだ小さい頃には、夜中にトイレに行くことがあるので、子供部屋が2階にある場合には、2階のトイレがあると便利です。

トイレの位置は?

トイレが2つあれば気になりませんが、一つしかない場合には、リビングのそばや、リビングの真上のトイレは、お客様がいらしている時には、使いにくいトイレです。また、1階に寝室がある場合、その真上にトイレを作ると、1階寝室で寝ている家族の睡眠を妨害する恐れがあります。どんな時間帯であっても、お客様がいらしている時でも、気兼ねなく使える位置にトイレを設置することが大切です。

洗面所、脱衣所、トイレは快適な状態が普通の状態なので、あまり考えずに間取りを決めてしまいがちです。ところが、実際に暮らし始めてから間取りに失敗したと感じることが多い場所でもあります。毎日使う場所なので、家族構成や家族の生活時間帯を十分考慮して間取りを決めることが大切です。ストレスなく使えるサニタリースペースのある新居で快適な毎日をお過ごしください。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

 

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら