中古になっても資産価値の高い注文高級住宅

家を手に入れる方法には、新築住宅を建てる方法と中古住宅を購入する方法があります。家を新築する場合、建売住宅と注文住宅という2つの選択肢があります。この2つの方法の違いと資産価値について考えてみましょう。

新築の建売住宅購入と注文住宅新築の違い

建売住宅にも注文住宅にも、実に様々なグレードがあり、建売住宅だから安普請であったり、注文住宅だから高級であったりするとは限りません。したがって、新築の建売住宅購入と注文住宅新築の違いは、一概に住宅の品質の違いというわけではありません。

どのような部分が異なるのか、注文住宅と建売住宅の具体的な違いについて確認していきましょう。

建売住宅
割安・間取り、外観、内装などの自由度が低い・工期が短い

建売住宅には、大手ハウスメーカーは街並み作りから手掛ける分譲建売住宅や、個人の工務店が手掛ける数軒が立ち並ぶ小規模な建売住宅まで、様々なタイプがあります。

その中で共通していることは、土地と建物がセットで販売されるということです。

大規模な分譲住宅では、道路の幅や緑地スペースが確保されているので、緑の多い調った街並みと、隣家との適度な距離が、暮らしやすい環境を作り出します。

また、複数の家を同時に建築する為、資材の購入、運搬などでコストを下げることができるため、注文住宅よりも割安な価格で購入できます。しかし、大手ハウスメーカーの分譲建売住宅の価格の中には、テレビコマーシャルや豪華な広告にかかる費用も含まれていますので、同じグレードの工務店の建売住宅より高価です。

どちらにしても、資材や設計が規格の上に成り立っている為、家の外観、間取り、内装、住宅設備機器の基本条件は決まっています。建築前に契約する方式であれば、その条件の中で、ある程度の希望を出すことはできますが、注文住宅のような自由さはありません。

反対に、完成後に売り出される形式であれば、自由度は全くない代わりに、すでに出来上がった家を見て、購入を決めらます。

また、将来的にリフォームをしたいと考えた時にも、規格の制限内でリフォームをしなくてはなりません。

注文住宅
自由に設計できる・こだわるほどコストがあがる・工期が長い

注文住宅は、購入した土地に、家を新築する住宅です。建材による制限がないので、自由に設計ができます。外観、間取り、内装、住宅設備機器などのすべてを、家族構成や好みに合わせて、最も暮らしやすい家が建てられるのです。ただし、一から始めるので、工期は長くかかります。打ち合わせを重ねて納得できる設計にするには、3か月程度かかります。中には1年近くかけるケースもあります。実際の施工期間は整地や地鎮祭などの着工前の準備も含めて3か月から半年程度かかります。

注文住宅の場合は、施工業者、大工さんや職人さんと直接かかわるので、信頼関係が生まれます。見えない部分も綿密に丁寧に作られていきますし、施工中の様子が見られ、途中で細かな変更をすることもできます。例えば、コンセントや棚の位置などは、暮らし始めてからの様子を具体的に想像できる程度に完成してからでも、変更できます。また施工している側からアドバイスをもらえることもあります。

また、子供たちが成長し、独立して夫婦だけの生活になった時、家族が暮らしやすかった間取りから夫婦が快適に暮らせる間取りにリフォームする、又は結婚した子供夫婦との二世帯住宅にするというような際に、柔軟なリフォーム計画が立てられます。

住宅の資産価値について

一口に注文住宅と言っても、建売住宅とそれほどグレードの変わらない住宅から、細かな部分までこだわり、丁寧に建てられた高級な注文住宅まで様々あります。

建売住宅や建売住宅に準じるような注文住宅と、品質の高い高級注文住宅の違いは何でしょうか?

高級注文住宅には暮らしの質が上がる、暮らしに対する満足感を持てるという以外に、資産価値の高さがあります。

なぜなら高級注文住宅は長期間に渡って維持できる家だからです。

多くの建売住宅や建売住宅に準じるような注文住宅は、1世代が暮らすことを想定して建てられています。したがって、築30年以上経てば、資産価値が落ち、場合によっては家が乗っている分更地よりも土地価格が低下してしまうこともあります。

しかし、高級注文住宅は、それほど資産価値が下がりません。なぜなら家の品質が低下しないからです。

資産価値のある高級住宅とは長期優良住宅の条件を満たしていること

長期優良住宅とは、長期間良い状態を維持して使える住宅のことです。質の悪い家を建て、解体するということを繰り返すより、長期間維持できる家を増やし使い続けることを目的とした住宅です。

具体的には、耐震性、耐久性能、長年維持できる丈夫な耐久性能、メンテナンスのしやすさ、快適に暮らせる住戸面積、断熱性能などの省エネルギー性、地域と街並みに調和した居住環境、定期的な点検、補修等に関する計画が策定されている維持保全管理といった項目すべてが法の定める基準に達している住宅です。

住宅は丁寧に建てれば、100年でも200年でも維持できるものなのです。その証拠に欧米の国々は、築100年以上の家に住んでいるケースがほとんどです。

日本では1世代で建て替え、又は大規模リフォームをするように作られた住宅なので、資産価値がどんどん下がってしまうのです。

もし、建替えなくても快適に暮らし続けられる家であれば、子供や孫の経済的な負担は非常に軽減されます。また、将来的に子供の独立後、家を売ってもっと小さな家に建て替えようと考えた場合にも、有利な売却ができます。

従って、高級注文住宅は、日々の暮らしを豊かにするだけではなく、中古になっても資産価値の高い家であり続けるという魅力を持った住宅なのです。

ダイカンの高級住宅の資産価値が高い理由

(株)ダイカンの住宅は、耐震等級3で設計・施工されています。

耐震等級は、国が定めている地震に対する耐性の程度です。耐震等級3は、耐震等級1の5倍の耐震性能があり、 震度6強~7程度の地震が発生しても、無傷、又は軽い補修をすれば住み続けられるレベルです。2016年の熊本地震では、木造住宅の内、耐震等級3の住宅は87,5パーセント(14棟)が無被害、12,5パーセント(2棟)が半壊又は一部損傷にとどまったことが、建築学会の調査で分かっています。

耐震等級3を備えた家は、確実に地震への安全性が高まります。

(株)ダイカンの住宅は省エネ性能において最高等級4の水準を基本としています。

省エネ性能とは、快適な室温を維持する為に使われるエネルギー量を削減する断熱性の高さで評価されます。最高等級4を満たした家は、高い断熱性によって快適な室内環境を守り、住宅の劣化を防ぎます。

(株)ダイカンは千葉県を中心に心地よい空間を提供する高級注文住宅を施工する会社です。

高級注文住宅とは、高品質、高性能な資産価値の高い住宅のことです。

具体的には、震度7の地震でも倒壊しない耐震等級3の耐震性を持つ安全な家、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内環境を作る家、そして、最も大切なことは、家を建てる施主様の好みに合ったハイセンスな外観と内装の家、家事がしやすく、ご家族全員が居心地よく便利に暮らせる間取りを持つ家です。

(株)ダイカンは、ご家族の皆様が幸せに快適に暮らせる家を創ることをお約束します。

家は一生に3度建てると、3度目にやっと理想の家が建てられるとも言われますが、初めての家であったとしてもぜひ、理想の家を手に入れてください。

千葉県で高級注文住宅を創るなら