家づくりにはどのくらいの期間が必要?どんな流れで進む?

家を建てるならこんな家にしたいという夢をかなえ、新しい家で充実した暮らしをする為には、家づくりに充分な期間を取っておく必要があります。そして、実際に家づくりを始める前の準備期間も大切です。

理想通りの家づくり、失敗しない家づくりの為に、家づくりに必要な期間と、家づくりの流れについて確認していきましょう。

家づくりに必要な期間は

「家を建てよう!」と決心してから、実際に家づくりに取り掛かるまでには、大まかに分けて3つの期間があります。

自分たちで行う準備期間、施工業者がおこなう設計と見積もりと自分たちの希望のすり合わせる期間、家の建築期間です。

準備期間

準備期間とは、予算の確定と、希望する家のイメージ作り、設計、建築を依頼する会社選びの為の情報収集などをする期間のことです。

住宅の細部にこだわりたい場合には、実際に家の建築を始めるまでにかかる期間はどんどん長くなっていきます。また、すでに土地を所有しているケースと、土地探し方始めるケースでも、準備期間に差が出てきます。

その為、準備期間には個人差が大きく、準備期間に1年以上かけるケースもありますが、およそ3か月から半年の期間をかけるケースが平均的です。

施工業者がおこなう設計と見積もりと自分たちの希望のすり合わせから契約までの期間

予算、建てたい家のイメージ、依頼する会社が決まった後、契約を結び着工するまでの期間です。予算と、希望のイメージとの折り合いをつけなくてはならないので、家に対するこだわり度合い、土地の形状や周囲の環境などにより、この期間にも個人差が出ます。平均的には3カ月から半年程度の時間がかかっています。

着工から竣工までの期間

この期間は、自分たちでできることはありません。施工業者が整地、建設工事を進めます。この期間は、平均的にはおよそ半年程度です。

昔は、施主が毎日建設現場に出向き、10時と3時のおやつを出していましたが、今はその必要はありません。ただ、週に1回くらいは顔を出して現場監督や職人さんとコミュニケーションをとると、工事の進捗状況などを知ることができます。

家づくりのそれぞれの期間にしなくてはならないこと

家を建てるまでにはしなくてはいけないことがたくさんあります。効率よく進めるために、しなくてはならないことを整理しておきましょう。

準備期間

準備期間には、理想の家のイメージ作りと、予算組みの検討を並行して進めます。

【理想の家のイメージを固める】

家は、一生の財産になるものであり、この先何十年も家族が住まう場所です。その長い期間を快適に暮らせる理想の家のイメージを固めましょう。

  • 家族構成とライフスタイルの変化 現在の家族構成に加えて、10年後、20年後、30年後のライフスタイルの変化も考えておく必要があります。
  • 住宅のデザイン この段階では具体的なデザインというよりも、住んでみたい家のイメージに近い写真を雑誌から探したり、散歩中に好みの家を見て歩いたりする作業です。
  • 住宅の機能 バリアフリー、省エネ、断熱、耐震、換気システム、キッチンや浴室、トイレなど水回りの機能性など、自分たち家族が快適に暮らすために必要な機能を考えます。暑い季節にも寒い季節にも必要以上にエアコンを使わずに過ごせる、掃除がしやすい、室内の空気がいつもきれいに循環している、地震に強いなど、住宅の機能、性能は暮らしの安全と快適さに大きな影響を与えます。

【予算の限度と調達の方法】

すでに土地があり、建設の費用もすでに用意できているというような方もいらっしゃると思いますが、住宅ローンで建設資金を調達する方がほとんどだと思います。希望通りの家が建っても、暮らしに重大な負担がかかるような住宅ローンを抱えてしまえば、生活の質は低下してしまいます。そのようなことにならないような借入金額を検討し、無理のない返済計画を立てることが大切です。

→ チェックポイント

  • 住宅展示場などを回って自分たちが希望しているような家を建てる為に必要なおおよその金額を調べる。
  • 月々の返済とボーナス月の返済を合わせて、年間で返済できる限度額を算定する。
  • 住宅ローンを組む銀行を決める。
  • 特定の条件を満たしている新築住宅に対して給付される国や地方自治体からの補助金や給付金の利用方法を調べる。

【施工会社を選ぶ】

見極めポイント1 得意とするデザインの方向性と予算

設計、建築を依頼する施工会社を選ぶために、まず情報収集を始めます。会社によって、得意とするデザインの傾向、建築工法が異なることに加えて、設計費、建築費にも大きな幅があります。

情報収集の方法としては、手始めにモデルハウスや展示場を回る方法があります。出かけていかなくてはなりませんが、写真や動画とは違い、実際に見て触ることができ、家の機能性についての質問などもできます。また、施工会社が主催する完成見学会や構造見学会に参加するのも良い方法です。特に構造見学会では、壁の内部や床下の構造などモデルハウスでは見られない部分を確認できます。

次にインターネットで、建設会社や設計事務所のサイトを閲覧する方法があります。自宅で調べることができるので、たくさんの会社や事務所のサイトをチェックできます。その他には、インテリア関係の雑誌や書籍、施工会社のカタログなどからも情報を集められます。

ある程度候補の会社が固まってきたら、その会社が施工した住宅を見に行ってみるのも良い方法です。

見極めポイント2

そして、もう一つ重要なポイントは、信頼できる会社、自分たちの希望を十分に理解した上で、的確なアドバイスのできる担当スタッフを探し当てるということです。

工事が始まってから、又は家が建ってしまってから「こんなはずではなかった…」というような事態を招かない為にも、信頼関係を築ける会社、担当者を見つけましょう。

施工業者がおこなう設計と見積もりと自分たちの希望のすり合わせから契約までの期間

この期間には、最終的に依頼する施工業者を決定し、契約を締結します。

【設計と見積もり】

施工業者の工法が3社程度に絞れてきた段階で、大まかな間取りプランと見積りを出してもらいます。

見積書には、仮設工事・基礎工事・木工事などの本体工事費、外構工事費、エアコンなどの付帯工事費が記載されています。普段の生活では目にしない項目が多いので、わからない項目が多いと思います。敷地調査の結果、敷地の形状や周囲の環境によっても、予算が変わります。また、見積書に外構工事や付帯工事費が含まれていない場合には、それらの工事にはどの程度必要なのか、見積書に記載されている意外に必要な金額を必ず確認しましょう。そして、家のデザイン、間取りなど以外に、内装、外装の仕上げ材、断熱、耐震などの機能といった仕様に関しても、記載されている内容を確認します。

 契約後の増額を避けるポイント 仕様のグレードによっては、予算内に収まっていても快適に暮らせない、反対に必要以上に高いグレードになっている為、予算をオーバーしているというようなこともあります。また、特に要望を出さなかった場合、システムキッチンやシステムバスは標準仕様が選ばれていることが多いと思いますが、仕様によって使い勝手が大きく異なります。もちろん、契約後に変更することはできますが、その分金額は上がっていくので、追加分を支払う必要が出てきます。そのような変更が多いと、予算が大幅に狂ってしまいます。外装や内装に使う建材のグレード、キッチン、バスルーム、トイレなど水回りのシステムのグレードはどの程度を希望するのかということも、ある程度確認しておけば、契約後の増額を避けられます。

疑問に思ったことはすべて納得がいくまで質問しましょう。

見積書を受け取った後は、家族でよく相談し、疑問があれば何度でも打ち合わせを重ねることが大切です。この段階で、丁寧に誠意ある対応をしてもらえなければ、家が体上がるまでの期間に充分な意思疎通ができない可能性があります。

予算内で希望に沿った間取りになっている、担当スタッフと十分な意思疎通ができているということを基準に、どの会社に依頼するかを最終的に決定し、仮契約をします。

【仮契約から請負契約までの期間】

設計担当者と綿密な打ち合わせを重ね、納得のいく設計が出来上がった段階で、請負契約をし、「工事請負契約書」「工事請負契約約款」「見積書」「設計図書」を受け取ります。家を建てて満足している方達の多くは、この期間に週に1回~2回のペースで打ち合わせをしています。

【地鎮祭から着工までの期間】

請負契約後は、施工会社が代行して建築確認申請を行います。この手続きには1か月~1か月半程度かかります。住宅ローンを組む場合には、施工会社がその手続きもしてくれますので、それまでに返済計画をしっかり立てておきましょう。

建築確認申請の手続きが済んだ後、近隣の方へのあいさつ回りと地鎮祭を行います。近隣の方へのあいさつ回りは、施工会社が代行してくれますが、両隣やお向かい、裏のお宅には施主としても挨拶に行くと印象が良くなります。

地鎮祭は土地の神様に工事の安全を祈願する儀式です。必ずしなくてはならないことではありませんが、執り行う場合には施工会社に相談しましょう。

【着工から竣工までの期間】

地盤改良工事から始まり、土台をつくる基礎工事、骨組みを作る木工事がおこなわれます。柱や梁などの骨組みが出来上がり、屋根がかかったら、棟上げが完了したことを喜び、工事の安全を祈り、職人さんたちへのねぎらいを込めて上棟式を行います。無理にする必要はありませんが、家を建ててくださる職人さんたちとの交流の場にもなり、これから建つ家への愛着も深まります。上棟式を行いたい場合は、施工会社に相談しましょう。

上棟式の後は、床、壁などの造作工事、建具、クロスなどの内装工事、キッチン、バス、トイレなどの設備工事、外構工事が行われます。

全ての工事が完成した段階で竣工検査に立ち会います。壁や床の傷、設備機器の不良などがないことを確認します。

その後、借入先の銀行に建物の検査済証など銀行に指定された書類を提出、住宅ローンを実行してもらい、新居の引き渡しが行われます。

 

準備から引き渡しまでたくさんのことをしなくてなりませんが、がんばってやり抜きましょう。理想の家での快適な暮らしが始まります。