(株)ダイカンの住宅は省エネ性能において最高等級4の水準を基本としています。

省エネ等級4とは

住宅には、エネルギー節約の効率の良さに応じて省エネルギー対策の等級がつけられています。

省エネルギー対策等級について

暮らしやすい家の条件の一つは、気候の変化に応じて快適な室温を保てるということです。夏は涼しく、冬は暖かい家を実現する為には、エネルギーが必要ですが、そのエネルギーをできるだけ抑えて快適さを維持しようとする対策が省エネルギー対策です。

省エネルギー対策等級は、断熱によって、削減できるエネルギーの量が評価されます。

外皮の断熱性能の評価の基準

外皮とは、屋根、外壁、窓、基礎など住宅の外気に面して、熱が出入りする部分を指します。建物自体の外皮面積当たりの断熱性と、日射遮断性が外皮の省エネルギーの基準です。

外皮の断熱性が高い住宅は、結露が抑制されるので、省エネルギーになるだけではなく結露によるカビやダニの繁殖を防げます。

また、断熱性の高い家は、冬場、暖房機器のある部屋と暖房機器のない部屋との温度差が少ない為、ヒートショックを防ぐこともできます。

等級分けの基準 損失係数(UA値)

天井や屋根、外壁、窓、床、換気扇熱などから熱が逃げる割合を算出した損失係数(UA値)を、地域の基準値と照らし合わせて等級を判断します。

→ 地域の基準値とは、北海道から沖縄県までの各県を年の平均気温や、極寒地、温暖地、亜熱帯などの気候区分によって8つに分けた地域の地域ごとの基準値のことです。

損失係数(UA値)が低い家は断熱性能が高く、省エネルギー性能も高まります。

等級分けの基準 日射取得係数(ηA値)

室内への冷房期の平均日射熱取得率を算出した日射取得係数(ηA値)を、地域の基準値と照らし合わせて要求を判断します。

日射取得係数(ηA値)が低い家は、冷房の効率が高く、省エネルギー性能も高まります。

省エネルギー対策には、建設による対策と、設備による対策が必要です。

どんなに省エネの家電を使っても、家そのものの断熱性能が低ければ、省エネにはならないからです。

冬場、室内の暖かい空気は、室内の壁から壁の内部、外壁へと伝わって屋外に逃げていきます。その為、室内の壁と外壁との間にどのような断熱材をどの程度使うかによって、家の断熱性は変わってきます。断熱材の選び方や使い方によっては、結露の発生を招き、家を傷めてしまうこともあります。また、窓やドアと枠材の気密度の高さによっても断熱性能は変わります。

その為、外皮の断熱と窓やドアの断熱と日射の遮蔽、地域の気候や環境に合わせた家造りが、1年を通してエネルギーを節約しつつ、快適な室内環境を維持する住居を実現させます。

ダイカンの省エネルギー対策の最高等級4を満たした家は、高い断熱性で快適な暮らしをお約束します。